【節約術】「安いから」、「お得だから」という理由で購入しない

私はお金を節約するためには、「安いから」、「お得だから」という理由で購入しないようにする事が大切だと考えるようになりました。

どうしてそう考えるようになったのか?その理由も踏まえて、お金を節約するために大切な要素をお伝えできればと思います。

この記事を読んで下さる方にとって、お金を無駄にしないようになる、嬉しい内容となればと思います。

服、靴、小物

例えば服や靴、身に着ける小物といったアクセサリーの場合なんですが、安いからという理由で購入してしまうと、デザインや着心地、耐久性や実用性といった諸々の要素を妥協しているという事に気付き難く、満足度の低いお金の使い方をしてしまいます。

私は安いという理由で購入した時には、実際に使用してみてチープだと感じたり、自分には似合わないという事実に気付いたりもする傾向があります。そうすると、安くて購入した物達のほとんどは出番が無くなり、家の中で埃をかぶるという結末となってしまいがちです。

そして、本当に欲しい商品の値段が高いと簡単には手が出せいという理由から、似たような物で手頃な値段の商品を購入する事があります。

これもやっぱり「コレじゃない」感を持ち、心から満足できない結果となりがちで、結局は買い直して余計にお金を無駄遣いする失敗を繰り返してしまう事もありました。

安いという理由を持ち出して購入しようとすると、そこまでものすごく欲しいという物でも無い物を手に入れたり、今はあってもなくても困らない必要の無い物を手に入れたりとするので、後から冷静に考えるとお金がもったいなかったなと、ものすごく後悔する事もしばしばです。

いつの間にか使われることなく、購入した物の存在をも忘れてしまうという事もあって、ある程度の月日が経った後から部屋を整理しているタイミングで購入した物を見つけ、「なんでこんな物にお金を出したんだろう?」と、昔の自分に疑問を抱いたりします。

こうしたことから私は、たとえ安かろうが、お得だろうが、そこまで欲しい物でも無い限りは購入しない、といったルールを設けたり、本当に欲しい物の代わりとなる代替え品を安い値段で買っても満足できないから購入しない、というルールも設けるようになります。

生活消耗品や飲み物

そして消耗品であるトイレットペーパーや洗剤など、いつもより値段がお得になっているタイミングであっても、まとめて購入することを避け、いつも通りの個数だけ購入するようにしています。

どうしてかといえば、家に沢山ストックを置いておくと、通常よりも消費してしまうスピードが上がって、余計に量を使ってしまうことがあったからです。

また、ペットボトルや缶の飲み物も同じくケース買いでまとめて購入すると、通常よりも沢山飲んでしまうという失敗を繰り返していました。

私の中に、どちらも安く買えたんだから、いつもよりたくさん使ってやろう、飲んでやろうという気持ちが表れて、余計に消費してしまうのです。

こうした失敗から、決めている個数だけ購入しておけば次の買い出しまで保たせようと思う私なりの傾向を上手く利用して、使い過ぎや飲み過ぎの予防と共にお金を無駄遣いしないという目的も達成できました。

例えお得でもまとめ買いはしない、というルールが大きくお金の節約になっています。

タイムサービス、お値打ち品、半額シール

他にも、食品を購入する時に、お買い得品やお値引き品などには手を出さないようにしています。

どうしてかと言うと、私は主に外食はせず、ほぼ自炊をする食生活を送ってるのですが、食材の買い出しにスーパーへ行く度に数々の失敗を重ねた結果、お買い得品やお値引き品には手を出さない事が節約になると思い知ったからです。

スーパーへ食材を買い出しに行く人ならご存知だと思いますが、食材の値段表示の周囲にはお買い得品といった文字が添えられていたり、タイムサービス、お値打ち品、半額シールなど、食材売り場では値段が下がるタイミングがあります。

私はそうした対象の食材を購入してしまうと、普段よりも安く購入できたと考えて、量を多めに買ったり、余計なお菓子やお惣菜を買ったりして、結局レジで精算をするといつもより予算オーバーしているという事がありました。

安く売られている食材を購入できたんだから、その浮いたお金で違う食材を買おうという気持ちが出てくるのです。

実際はそんなことをしてしまうとトータルで支払うお金は変わらないか、予算をオーバーしてしまう事になるので、安く購入できた事にはなっていないのですが、気付かないようして誤魔化してしまうという失敗を繰り返す事がありました。

半額シールの貼られた食品

また、半額シールが貼られている食材を購入した事もありますが、食材が劣化していたり、食べて体調を崩したり、美味しくなくて食べきれず食材を廃棄する羽目になるわで、お金をドブに捨ててしまうという失敗をします。

二十代前半の頃は、お惣菜やお弁当に半額シールが貼られている物を食べていた時期がありましたが、三十代になると必ずといっていいほど体調不良を起こすようになったという理由もあり、今ではそういった物は避けるようになっています。

また、体調を崩すと仕事にも影響が出てしまい、お給料が減り、かえってマイナスになってしまう事もありました。それに、胃腸薬を薬局で購入して飲んだりしてしまい、更にお金を使ってしまった事もあります。

半額シールの貼られている物は、賞味期限が近い物や、作られてから時間が経ちすぎて品質が低下している物で、本来は生鮮食品として販売する基準では無い物です。

遅巻きながら、そんな当たり前のことに気づき、今ではそんな物にお金を支払うのはもったいないとも思い、尚更買わないようになっています。

このような数々の失敗から、お買い得品、お値引き品、半額シールの貼られている品、等とった対象は避け、鮮度の良い食材を必要な量だけ購入するという方法に行きついています。

そして、事前に必要な食材をリストアップしておくという方法も加わると、食費が自然と節約できていて、更に体調管理も容易にできるようになりました。

お買い得品、お値引き品、半額シール、といった対象には目を向けない、というルールが、私にとってお金を無駄遣いしないようにする効果を生み出してくれています。

まとめ

まとめてみると、安い、お買い得といった商品には、その時点に支払うお金は安くつくのですが後から高くつくという傾向があるので、安いという理由で購入しない方が結果的には大きく節約できるということです。

お金を有効に活用するためにも、安い物に気を付ける事が大切だと思うので、お金を支払って購入しそうな時はこの内容を思い返してもらえたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告