トイレのウォシュレットは雑菌が入り込む可能性があるので痔瘻の方にとっては危険

痔瘻の術後は傷の回復を促進させるためや再発予防のため、お尻を清潔に保つよう心がけなくてはいけません。そして痔瘻の治療中の方は傷口に汚れが付きやすいため尚更お尻に気を配るだろうと思います。

そこでお伝えしたい内容とは、排便を済ませた後にウォシュレットの機能がついているトイレであれば、その機能を使用して汚れを洗い落とそうとすると思いますが、痔瘻の方にはウォシュレットを控えてくださるようお伝えしたいと思います。

ウォシュレットの機能を控える事で、再発予防や傷の回復を促進させる効果が期待できますが、何故そのような効果があるのか?その理由をこれから書き綴っていきたいと思います。

雑菌による感染を少しでも防ぐため

ウォシュレットの機能は汚れを落とす役割がありますが、トイレの便器には目に見えない雑菌が沢山いるので、ウォシュレットを使用する事で雑菌を含んだ水を傷口に付着させてしまう可能性があります。

そうすると、痔瘻の再発や治療期間を遅らせてしまう可能性を高めてしまいます。そのため痔瘻の治療期間中はウォシュレットの機能を控える事をお勧めします。

公共のトイレや自宅のトイレがどんなに清潔そうに見えても、再発予防や傷の回復を促進させるためには大切です。

自宅では座浴やシャワーで汚れを落とす

トイレのウォシュレットを控える代わりに、痔瘻の傷が回復するまでお風呂場のシャワーで汚れを落としたり座浴をして清潔にする事をお勧めします。

煩わしいと感じるかもしれませんが、お尻の傷跡を綺麗に回復させるためにも大切です。

ぬるま湯のシャワーを傷跡に当てて汚れを落としたり、座浴をして傷跡を温めながら汚れを落とすと傷跡の皮膚の回復も促進させます。傷の塞がりが綺麗に回復すれば、治療後も肛門の機能が損なわれる事もありません。またビジュアル的にも傷跡が不快な見た目になる可能性も避けられます。

まとめ

良かれと思ってやってしまった行為が逆に悪化させてしまうことになり兼ねないので、是非トイレウォシュレットは控えて貰えたらと思います。

痔瘻の傷跡を綺麗に治すためや再発する可能性を少しでも無くすため、ぬるま湯のシャワーや座浴で綺麗にしてみて下さい。

痔瘻による傷の回復が早く癒えるよう、この記事が役立てていただけると嬉しく感じます

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告