自分を取り戻したい方にお伝えするシンプルな方法

こちらの記事では、本来の自分を取り戻すための方法を私なりにお伝えしている内容です。

本来の自分を取り戻し、自分らしい生き方を進めるためにも役立てばと思います。

自分を取り戻すということは、自分の内面である考えや気持ちを優先すること

自分を取り戻すというのは具体的に別の言葉で言い換えると、自分の気持ちに素直な選択をするという事でもあります。

周囲の考え方やルールを最優先するのではなく、自分の考えや気持ちを優先するということです。

私の例でお伝えすると、自分を取り戻したいと思う時というのは、今までは周囲が示す考え方や規則にのっとり、その中から無難な選択や社会的に正しいとされる選択を選び続けてきて、自分の心が限界に達しているという状況です。

そのため、自分を取り戻すということは、自分が本当に望む選択を選び、自分の気持ちを優先した行動を行うことです。

自分の考えや気持ちと向き合う

そうしたことから、自分を取り戻すためにやるべきことは、自分の本当の気持ちや考えを知る取り組みを始めなくてはいけません。

他の誰かになろうとしたり無難な選択を選び続けていく事を辞め、自分が本当はどう在りたいかや何を望んでいるかをきちんと知らなくてはいけません。

社会生活が長くなればなるほど合理的に考えたり、実用性を重視した思考へと傾きがちで自分の考えや気持ちを無視してしまいます。

しかし、どうしても無視できず、感じたりしないようにコントロールできないものが感情である気持ちです。

時には矛盾したり非効率だと考えられる選択を選ぶのは感情で、この感情を持つ自分という側面を受け容れないとどこかで限界を迎えてしまうのです。

先進国の一つで恵まれている日本にも関わらず、自ら命を絶ってしまう方がいるのは、この感情という側面を無視してしまう理由も含まれているのかもしれません。

そのため、自分を取り戻すためには、自分の感情から目を背けず向き合うことから始めていきます。

ノイズを取り払う

続いて、この取り組みを始めるために大切なのは、周囲の要らないノイズを取り除くという工夫です。

本当に今の時代は情報が溢れ、たくさんの情報を見たり聞いたりすることで右往左往し、自分との向き合う時間が確保しにくい状況でもあります。

スマートフォンも一人に一台は携帯している状況で、すぐにインターネットに接続し情報を取得でき常に周囲の情報に翻弄されてしまっています。

一度に多くの情報に触れると、頭や身体が疲れて自分で考えるという行為が面倒になる傾向がありあます。そうすると、周囲の考え方を自分の考えとして重ねたり、無難な選択を選ぶようになります。

そうしたことからも、自分を取り戻すためには、周囲のノイズとなる情報を自分の中に入れないようにし、自分の考えや気持ちを見つめる取り組みが欠かせまん。

具体的な取り組みとして

具体的に取り組む内容としては、いつもの決まった人とのコミュニケーション、ニュース、新聞、テレビ、インターネット、スマートフォン、SNSなど、自分の外側にある情報を一時的に断つ時間を生活の中に毎日組み込んでみる方法です。

また、外側の情報に触れると思考を奪われてしまうので、外からの音を断ち、暑くもなければ寒くもない適度に過ごしやすい場所や、匂いが無い空間を選び目を瞑ります。

現在の自分が何を考えていて、何を望んでいて、何をしたいのか?と自問自答をしたり、そして自分を客観視し自分という一人の人間を別の自分で見つめてみます。

初めは難しくて出来ないかもしれませんが、慣れてくると徐々に出来るようになるので諦めずに続けてみてもらえたらと思います。

自分の事に集中し、自分を発見する

多くの情報から抜け出せるようになれば自分の考えや気持ちと向き合える時間が増え、自分が本当にしたいと思うことに集中して取り組めるようにもなります。

自分を取り戻すというのは、社会のしがらみや誤った思い込み、植えつけられた価値観といったものを一旦脇に置き、自分に集中するという事でもあります。

頭の中にあるごちゃ混ぜになった情報が、自分の考えや気持ちを見えなくさせてしまっているので、それを取り除いてやれば自分を見つけられるという事です。

まとめ

自分を取り戻すための方法の一つとして、是非とも試してみていただけたらと思います。

外側にある余計な情報を制限し、自分の内面に耳を傾けてもらえたらと思います。

自分を取り戻す足掛かりとして大いに役立てば幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告