自分で考えて、自分の意見を持つことの大切さ

現代はインターネットが拡大し、スマートフォンなどのデバイスも普及しています。

分からないことや気になったこと、連絡手段、買い物やビジネスの利用など

ほぼほぼスマートフォンで完結できる時代です。

しかし、何でも調べることができるという便利さもあれば

自分で物事を判断するために必要となる思考能力が低下するといったマイナス面があります。

自分で考えてみる能力が低下すれば

自分の意見を持つ事が難しく、社会の考えや他人の意見に振り回されやすくなってしまいます。

こちらの記事では、自分で考える事と自分の意見を持つ事が現代ではとても大切であるという点について、いくつかの理由をまとめています。

社会の考えや他人の意見を、自分の考えとして用いる危険性

自分なりに考えて答えを導き出すというプロセスを飛ばしてしまうと

他人の意見を自分の意見としてしまったことで

選んだ選択を後から悔やむという危険性があります。

そう思う理由というのも

自分なりの考えでは無く他人の考えを持ち出し続けてきた方を観察すると

自身の素直な気持ちを偽ってきたり、自分の想いを優先させてこなかった事に後になって後悔する方がたくさん見受けられるからです。

私の場合に当てはめても、自分の問題を自分なりの気持ちや考えに基づいて決断しなかった選択は後悔する事が殆どでした。

最終的に選んだ決断に心から満足する事もなければ

自分の中にわだかまりを残してしまう状態に陥ることも頻繁にあったのです。

そのため、自分の意見や考えを持つことが大切な理由は

後になって後悔しない選択を選べるからでもありますし

未来の自分が過去を振り返った際に後悔しない自分を作るようにもなるからです。

自分の存在を小さく見積もってしまう

自分で考えることを辞め、自分の意見を持つことを放棄してしまうと

物事を選ぶ基準が社会的に正しいか間違いであるかといった判断基準に依存してしまうようになります。

そうすると、自分にとって正しい選択では無く

社会にとって正しい考え方や常識に沿うものを選びとるようになり

自分という存在を虚にさせたり、自分に自信を持てないようにもさせ

無意識に自分を小さな存在として認識させる状態を作り上げてしまいます。

その状態はまるで機械のようで、感情など無い自動的に動くロボットのような状態をイメージさせてしまいます。

自分で考えて意見を持つことがとても大切な理由というのも

無意識に自分を小さな存在として認識させないようにし

自分にある可能性を閉じないようにする効果も期待できるからです。

自分を見失ってしまうことを避けられる

次にお伝えするのは

自分で考えて、自分の意見を持つようにすると、自分を見失うことを避けられるという点についてです。

自分で考えて自分の意見を持つというのは

自分と向き合って自分の事を知ることでもあるので、容易に自分を見失うようにはなりません。

今の自分の目的や目標は何で、何に興味や関心があったり

今の自分が大切にしている価値観は何かといった事を自覚できるようになるので

疲れている時や気持ちが沈んでしまう際に、自分を見失ってしまう危険を回避できます。

自分で考えて、自分の意見を持つようにすることは

自分と向き合って自分を知るようにもさせ、その結果、自分を見失わないようにさせることにもなるのです。

思考力が伸びて、盲目的にならない

続いてお伝えする内容は

思考力が伸びて、盲目的にならないという点です。

自分で考えて、自分の意見を持つようにするというのは

何にも依存せず自分だけで思考を深めていく取り組みであるので

他の要素に対し信用や信頼を置かず、盲目的になんでも鵜呑みにしないようにさせるのです。

社会規範で測る正誤や

善悪で考える判断基準を持ち込まないようにもなるので

情報リテラシーを磨く上でも重要な要素です。

私を例にしてお伝えしてみると

自分なりの考えや意見を基にして結論を出すという過程を繰り返せば

ニュースやインターネットの情報などに疑問を持てたり

情報の正確さに懐疑的になったりと

情報リテラシーが少しずつ身につき、情報に翻弄されないようになっていると実感しています。

他にも発言されている意見や記述してある文章

確証となるデータに真偽があるかなど

疑問を持って情報を扱う判断力が身についてきているとも思っています。

そして、常識や普通といった社会的な概念を鵜呑みにして

自分を苦しめないようにもしたり

専門家や著名人、権威ある人、学説、定説、大企業から流される情報で、自分を翻弄されないように少しずつ身を守れるようになっていると実感してもいるのです。

自分自身で考えて自分の意見を持つことで成長する判断力が身につくと

何でも盲目的に信じたりしなくなり

自分の頭の中に柔軟な姿勢を築けられるという効果が期待できるのです。

責任感と自立した考えを持たせる

次の大切なポイントは

自分に責任を持ち、自立した考えを持たせる効果が発揮できるという点です。

その理由というのも、他人や社会の考えに身を委ねないので

周りに責任を擦りつける選択肢が無い事や

自分で選び取ったのだから自分で責任を負うしかないという決意が生まれるからです。

私も、自分の考えや意見を軸にして選び取った選択においては

どんな結果となっても、自分で引き受けるしかないと気持ちを引き締められています。

自分の生き方に対する責任を持つことだったり、自立した気持ちを育むことにも貢献してくれるので

自分の考えや意見を持つことは大切です。

無意識に押し付けられる幸せの価値観に苦しまない

社会が提示し、無意識に押し付けてくる幸福度や価値観を測るもの

例えば年収、職種、肩書き、資格、キャリア、ブランド、結婚、出産、ダイエット、贅沢品、旅行、彼氏、彼女、パートナー、友達の数、流行、預金残高、資産などがありますが

自分で考えて自分の意見を持つようになると

こういった無意識に押し付けてくる幸せの価値観に苦しまなくなります。

これらを他人に示したり、所持したり、築き上げていないとあなたは不幸であると

目に見えない形として押し付けてくる価値観に悩んだり苦しんだりする状況から抜け出させてくれるのです。

なぜかといえば、自分で考えられるようになることは

自分の価値観とも向き合うようにもなるので

「こうあらねばならない」といった

社会的なしがらみのようなものに囚われず

頭の中に自ら牢獄を作りあげる事がないからです。

人によっては社会が示す幸せの価値観に沿う事が

自分の幸せだと感じられるのなら良いのですが

私みたいに、当てはまらない少数派の方であれば

独自の考えと意見を持つようにすると、そういった幸せの価値観に悩まされる事を軽減できます。

今なら心身の健康があるだけで、本当に恵まれているなとしみじみ思う時があります。

自分の意見や考えの判断力を磨いていけば、自分にとって自分だけの幸せの在り方や価値観を組み立てられるのです。

周囲から押し付けられるモノサシで自分を測ろうとすることは

自分を苦しめていると気づかせてくれる側面もあるので

必要のない価値観から自分を守る防御壁を張れるようにもなります。

世の中にある多様な価値観が自分を苦しめる。

その苦しみから抜け出せるからこそ、自分で考えて自分の意見を持つことは大切になってくるのです。

まとめ

自分で考えて、自分の意見を持つ事の大切さについてその理由をお伝えしてきましたが

いかがでしたでしょうか?

私は自分の意見や考えを持つことは

全ての人にとって無くてはならない大切なものだと考えています。

なぜかといえば、自分にとって必要のない価値基準に振り回される事も無ければ

生き辛さも軽減させ

自分にとって大切なものや必要なものを見抜き、自分の生き方を真剣に捉え集中する事が出来るからです。

また、自分の心の満たし方を知ることにも結びついて

余計な遠周りも無ければ、周囲のノイズに惑わされたり依存したりせず

自分で自分を癒す事が出来るからでもあります。

自分と向かい合い自分の価値基準を明確にもしておけば、自分だけが本当に大切にしたいものに気づいてあげられ

自分を大切にし日々を過ごせるようにもなると私はそう考えているのです。

自分で考えて自分の意見を持つ事が

本当に大切なんだなと少しでも思って頂けると幸いです。

自分自身を大切にし、周囲に翻弄されたり惑わされたりせず

思い込みや偏見を取り除き、自分の意見や考えを育む効果がこの記事にあればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告