自分で考えて、自分の意見を持つことの大切さ

現代はインターネットが拡大しスマートフォンなどのデバイスも普及しています。

分からないことや気になったこと、連絡手段、買い物やビジネスの利用など、ほぼほぼスマートフォンで完結できる時代です。

しかし、何でも調べることができるという便利さもあれば、自分で物事を判断するために必要となる思考能力が低下するといったマイナス面があります。

自分で考えてみる能力が低下すれば、自分の意見を持つ事が難しく社会の考えや他人の意見に振り回されやすくなってしまいます。

自分で考えて自分の意見を持つ事が、自分を大切にもします。

社会の考えや他人の意見を自分の考えにしてしまう

自分なりに考えて答えを導き出すというプロセスを飛ばしてしまうと、他人の意見を自分の意見として重ねてしまい、模倣し行動することが日常茶飯事となります。自分なりの考えが無く他人の考えを持ち出してしまいやすいのです。

そのため周囲に流されてしまう事に慣れてしまえば、自分の意見を持つことが難しく、自分の問題を自分なりの気持ちや考えに基づいて決断しないために、選んだ決断に心から満足する事もなければ自分の中にわだかまりを残す気持ちを抱いたりもします。

自分で答えを出す結論に、正しさや間違いは重要じゃない

一度自分なりに考えて仮説立てたり多様な角度から捉えてみることや、疑問に感じることを元に自分自身で考えて最終的に結論を出そうと試みてみることは大切です。

急いで結論を出そうとする気持ちがあればその気持ちを少し脇に置き、ゆっくりと時間をかけて臨み、余裕のある気持ちを持って取り組む姿勢が必要です。

自分で導き出してみた答えに、正しさや間違いという事はあまり重要では無く、誰からの先入観も持たず、誰にも翻弄されず、自発的に自分の力で答えを導き出してみるという取り組みが現代人には欠けていると思うのです。

 自分の持てる力でやってみるという行為そのものに大きな価値があり、そのプロセスを踏むことで自分で考える力を育めます。

始めは時間がかかり上手く考えがまとまらなかったり、気持ちをうまく言葉に変換出来ないもどかしさを感じてしまうかもしれませんが、自分の力で取り組んでみることで自分の考えや意見に徐々に気づき始められると思います。

自分自身の思考能力が伸びていく

自分自身が頭の中で考えていることや心の中で感じている気持ちに気づいていくと、少しずつ自分の中の意見や考えを知ることができるようになります。

社会規範で測る正誤や善悪で考える判断を持ち込まず考え、自分なりに結論を出すという過程を繰り返していけば、自分の意見や考えは無いのではなく、気づいていなかっただけだと知ることができます。

そうして自分の本当の気持ちや考えを知るとニュースやインターネットの情報などに疑問を持てたり、情報の正確さを見抜ける判断力もついてきます。

発言されている意見、記述してある文章、確証となるデータに真偽があるかなど、疑問を持って情報を扱う判断力が身についていきます。

他にも、常識や普通といった概念、専門家、著名人、権威ある人の言葉、学説、定説など全てが絶対に正しいわけでは無いということにも気づけます。

同じ人間であり失敗することもあれば間違うこともある、あなたと同じ一人の人間である事にも気づけます。

自分自身で考えて自分の意見を持てる判断力が育つと、何でも盲目的に信じたりしなくなるので、一度自分の中に情報を受け止めても、受け容れるかどうかを判断する間が差し込まれ、自分の中に柔軟な姿勢を築くけらるようにもなります。

自分の意見を持つという事は、わがままで自己中心的とは異なる

自分の意見を持つ事は、自分に責任を持ち自律した考えを持つことでもあります。自分本位に振舞って、他人に危害を加えたり迷惑をかけるという意味ではないので誤解しないで下さい。

そして、自分が負うべき責任を他人に押し付けないようにするためや、自分という存在を軽視しないためにも、自分の考えや意見を持つ事が欠かせないのです。

無意識に押し付けられる考えを盲目的に受け入れない

社会が提示し、無意識に押し付けてくる幸福度や価値観を測るもの、例えば年収、職種、肩書き、資格、ブランド、結婚、出産、ダイエット、贅沢品、旅行、彼氏、彼女、パートナー、友達の数、最新のアイテム、流行、預金残高、資産などがありますが

これらを他人に示したり、所持したり、築き上げていないと、あなたは不幸であると目に見えない形として押し付けられてしまいます。

「こうあらねばならない」といった、社会的なしがらみのようなものに囚われ、頭の中に自ら牢獄を作りあげてしまいます。

しかし、自分の意見や考えの判断力を磨いていけば、自分にとって自分だけの幸せの在り方や価値観を組み立てられるので周囲から押し付けられるモノサシで自分を測ろうとすることを手放すことができます。

自分の意見や考えを持つことがなぜ大切なのか?

なぜ自分の意見や考えを持つ事が大切なのかをお伝えすると、自分にとって必要のない価値基準に振り回される事がないので、生き辛さも軽減できれば、自分にとって大切なものや必要なものを見抜き、自分の生き方を真剣に捉える事が出来るからです。

また、自分の心の満たし方を知ることにも結びつくので、余計な遠周りも無ければ、周囲のノイズに惑わされて依存したりせず、自分で自分を癒す事が出来るからでもあります。

自分と向かい合い自分の価値基準を明確にしておけば、自分だけが本当に大切にしたいものに気づいてあげられ、自分を大切にして日々を過ごせるようにもなるのです。

何が自分にとって心を豊かにするのか?その質問に答えられるようになった時、きっと自分の意見や考えを見つけられていると思います。

まとめ

自分で考えて自分の意見を持つ事に自信を持ち、大切にして頂けたらと思います。

自分自身を大切にしていくためにも、周囲に翻弄されたり惑わされたりせず、思い込みや偏見を取り除き、自分の意見や考えを育んでもらえたらと思います。

それではまた。

関連記事

「自分に個性がない!」と、思う方に伝えたい事。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告