読書中に分からない漢字や言葉で立ち止まってしまったら

読書中に分からない言葉や漢字に出会い、途中で読書を中断した事はありませんか?このまま読み進めていくべきか、途中で読書を中断し調べるべきか悩むと思います。

こちらの記事は、私も読書中にそんな場面を何度も経験して感じた内容を元にお伝えしています。

この記事を読んでくださる事で、きっと読書を行う上で得られる知識を自分の腹にストンと納得させて理解できる効果が得られますので、読み進めてみて下さい。

読書を中断して、少しずつ紐解いていく読み方をお勧めします

まず私の意見としてお勧めするのは、分からない漢字や言葉につまづいた際は調べながら読み進めていく読み方を推奨します。

読む対象によってサラッと目を通すだけのものもあれば、時間をかけて理解したい書籍もありますが、ここでは後者である時間をかけて理解したい対象の本を前提にしています。

なぜ調べながら読み進めていくべきなのか?その理由をこれからお伝えしていきます。

分からない漢字を読み飛ばすと本を読む意味が無くなるから

読めない漢字の意味を自分なりの解釈で「きっとこういう意味合いだろう」と読み進めたり、言葉の意味を理解できないまま読み進めていくと、本を読む行為がただ文章に目を通すだけで終わります。

高い確率で読み終えた本の内容を理解できないまま読了するという結果になりがちなんです。

そうすると、本を読む本来の目的である、本の中身を理解して自分に役立てていく過程にまで到達できません。

そのため、本の内容を自分の中にストンと理解させるには、時間も手間もかけてしまうことを前提に読み進めていく意識を持つことが大切です。

読めない漢字や分からない言葉の意味を、なんだかはっきりしないまま放置して読み進めてしまうと、本の内容をちゃんと読み解く事が困難になるのです。

調べながら読み進めると、もどかしさを味わうけれども

途中で読書を中断して、分からない部分を調べようと思うと、「読むスピードが遅くなってしまうなぁ」と考えたり「面倒だなぁ」といった気持ちを抱いて先を読み進めたい気持ちを持ちます。

他にも、せっかく集中して読んでいたのに、集中力が切れてしったと感じたりします。

これは全部私が感じたことで、この記事を読まれている方も同じように感じた経験がありませんか?

しかし面倒だと感じながらにも、読書を途中で中断し調べながら読み進めていくと大切な事に気づくのです。

それは読むスピードは遅くなるけれど、本の内容を深く理解する事が可能になるという事です。

意味を理解しながら謎を紐解いていくように、ゆっくりじっくりと落ち着いて読むようになるので、本に書かれている内容の理解がよりスムーズになります。

そうすると、同じ本を何十回も繰り返し読み返さなくても、書かれている内容の理解がたやすく行えると実感できます。

焦って読むスピードにこだわると、本来の読書の意味がなくなるから

読書はあくまでも、そこに書かれている内容を理解する事が目的なのに早く読み終える事にこだわって、本来の読書の目的を見失っていることに気づきます。

先程もお伝えしたように、読書をする本来の目的である、読書で得た知識を自分に活かす過程に到達できなくなります。

焦って早く読み終えたい衝動に駆られたり、読むスピードにこだわり早く読み終える事が目的となってしまうと、本の内容を理解するという本来の目的を見失ってしまうと感じます。

次に本を読む際に内容を理解する時間が短縮できるから

読むスピードが遅くても、本の内容をちゃんと理解できているのと

読むスピードが速くても、本の内容が理解できず何度も繰り返し読み返すのとでは

本の内容を理解するため読書に充てる全体的な合計時間を比べると、前者の方が短時間で本の内容を理解できるようになります。

何故かと言いますと、本を読む度にゆっくりと理解しながら読み解いていくと漢字や文章を読み解く力が段々と成長していくので、次に新しく読む本をスラスラと読めるようになるからです。

分からない漢字が既に理解できていたり、文章を読み解く力が備わっていくと、次に読もうとする本を理解する時間が短縮されるのです。

読書を続けていく上で初めの段階では、読み解く力も脆弱で読めない漢字も沢山ありもどかしさを感じられるかもしれません。

けれども、そう、例えば自転車の漕ぎ出し始めのようなイメージを持って頂き、始めはゆっくりと読み解くように読むけれども、後になって楽に読書が行えるようになると考えてみて下さい。

何度も同じ漢字や言葉で度々止まらないから

分からない漢字や言葉の意味を面倒がらずに調べておくと、再読する際に本を読み進めていく事に抵抗感が無くなめらかに読めるようになります。

「1度目もこの漢字の読み方につまづいていたな」「前にもこの言葉の意味が分からなかったな」と、何度も同じ漢字や言葉で止まってしまい読書が中々進まないもどかしさを味わいません。

1度目で調べておけば2度目では読書が進まないと感じる事がなく、スムーズに読み通す事が可能になります。一度の読書で内容を理解することは誰もが不可能に近いです。

そのため、再読して理解に努めることを前提にして読むと決めておき、1度目でつまづいた漢字や文章の意味合いを調べながら読み進めておけば、2度目は止まることなく深く理解しながらスムースに読み進めていけます。

まとめ

読書を続けていくと、分からない漢字や言葉にたくさん出会います。そんな場面に遭遇した時はこの記事を思い返してみて、そういえばあんな事を言ってたなと振り返ってみて下さい。

是非とも分からない漢字や言葉につまづいた際は、調べながら読み進めていく読み方を実践してみて下さい。

私は読書を通して内容を理解し、それから現実に活かすという過程は生き方を豊かにするものだと考えています。そのため、読書で深いところまで理解してお腹にストンと落ちるような納得まで行き着く過程が大事だと実感するのです。

そうした読書を通じて自分の生き方を豊かにする結果に結びつく大切な部分ですので、読書を通じて深い所まで理解できるようになって、より自分の生き方を豊かにして頂けるような効果がこの記事にあれば幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告