読書中に読めない漢字や言葉で立ち止まってしまったら

読書中に読めない漢字に立ち止まり、途中で読書を進められなかった事はありませんか?

このまま読み進めていくべきかどうか、途中で読書を中断し悩まれたと想定します。

こちらの記事は、私も読書中にそんな場面を何度も経験して感じた内容を元にお伝えしています。

この記事を書いた目的は、読書を通じて自分を発展させていく努力を惜しまない方に役立ててもらうためです。

読書を中断して、少しずつ紐解いていく読み方をお勧めします

まず私の意見としてお勧めするのは、読めない漢字や分からない言葉に立ち止まった際は

調べながら少しずつ読み進めていく方法をお勧めします。

読む対象によってサラッと目を通すだけで済む本もあれば

時間をかけて理解したい本もありますが

こちらでは後者である、時間をかけて理解したい対象の本を前提にしています。

なぜ調べながら読み進めていくべきなのか?その理由をこれからお伝えしていきます。

読めない漢字を読み飛ばすと、本を読む意味が無くなるから

なぜ調べながら読み進めていくべきか?その理由をお伝えすると

本を読む意味が無くなってしまうからです。

また、読むための時間や労力も無駄にしてしまう確率を高めてしまうからです。

私を例にしてお伝えすると、読めない漢字の意味を自分なりの解釈で「きっとこういう意味合いだろう」と読み進めていくと

意味をあやふやにしたままなので、本を読む行為がただ文章に目を通すだけとなってしまいもすれば

著者の記述を誤った解釈をして受け止めてしまう事があり、本を読み自分に活かすという効果が期待できなかったのです。

私にとって本を読むという本来の目的である、中身を理解して自分に役立てていくという過程へと展開させられなかったのです。

そのため、本の内容を自分の中にストンと理解させるにも、時間も手間もかけてしまうことを前提に読み進めていく意識を持つことが大切だと考えています。

読めない漢字や分からない言葉の意味を、なんだかはっきりしないまま放置して読み進めてしまうと、本の内容をちゃんと読み解く事が困難にさせ

本を読むという行為そのものを、ただの時間の浪費とさせてしまいます。

調べながら読み進めると、もどかしさを味わうけれども

私は昔、途中で読書を中断して読めない漢字を調べようと思った際

「読むスピードが遅くなってしまう」と考えたり

「面倒だ」といった気持ちを抱いたりして、先を読み進めたいという気持ちを持ったりしていました。

他にも、せっかく今まで集中して読んでいたのに、集中力が切れてしまったと感じてもどかしさも感じたものです。

しかし今では、読むスピードは遅くなっても確実に自分のものになるのならそれで良いと考えています。

なぜかといえば、早く読めても自分のものにならなければ、本を読む意味は無くなり

今まで費やしてきた時間と労力が意味をなさなくなると強く実感したからでもあります。

確かに読んだはずなのに、後から自分の中には何も残らなかったという失意を味わったので、そう考えるようになったのです。

昔の私のように読んでいる最中にもどかしさを感じた際には、この記述を思い出して役立てていただけたらと思います。

次の本に取り掛かる際に、内容を理解する時間が短縮できるから

次にお伝えする理由は

次の本に取り掛かる際に、書かれている内容を理解するスピードを早める効果が期待できるからです。

読書を始めた頃は一冊を読み終えるのに、多大な時間と労力をかけていきますが

読めない漢字が読めるようになったり、少しずつ意味を理解するための手間を惜しまないようにしていくと

何冊も読み進めていく毎に、本の内容を理解するための時間を短縮できるようになります。

本の内容を理解するために、初めの頃は一冊に傾ける時間は多く必要としますが

何冊も本を読み続けるケースだと早く理解できるようになるというものです。

そのため私は、本を読む冊数が増えていくにつれ、読書にかける時間と労力も削減できていける側面があると確かな実感を受けています。

推測ですが、漢字や文章を読み解く力が段々と成長していくので、次に新しく読む本をスラスラと読めるようになるからだと考えられます。

よく自転車の漕ぎ始めのような例えがありますが

読書も同じように始めは理解する事が遅くても、読めない漢字や意味を紐解いていくように読み進めていく事で

少しずつ理解するスピードも早くなり、読むための時間や労力も少しの力で済んでしまうのだと思います。

何度も繰り返し立ち止まらなくて済むから

分からない漢字や言葉の意味を面倒がらずに調べておくと

再読する際に本を読み進めていく事に抵抗感が無く、なめらかに読めるようになります。

そのため、何度も同じ漢字に立ち止まらなくて済みます。

「1度目もこの漢字の読み方につまづいていたな」

「前にもこの言葉の意味が分からなかったな」と、何度も同じ漢字や言葉で止まってしまい

読書が中々進まないもどかしさも味わうことはありません。

1度目で調べておけば2度目では読書が進まないと感じる事も軽減され

スムーズに読み通す事が可能になります。

私は、一回の読書で内容を理解することは誰もが不可能に近いと考えていまして

再読して理解に努めることを前提にして読むと決めています。

そんな風に私と同じように考えている方の場合では

1度目でつまづいた漢字や文章の意味合いを調べながら読み進めておけば

2度目は止まることなく、深く理解しながらスムースに読み進めていけるというメリットを得られると思います。

コミュニケーションに大いに役立てられるから

読めない漢字や意味を調べながら読み進めていく取り組みを強くお勧めする最大の理由は

人間社会で必要となる、コミュニケーション能力を高める効果が期待できるからです。

私は自分の考えや意見、感じている気持ちを相手に伝える際に

上手く言葉に変換して伝える事が苦手だったのですが

読書を通じて、読めない漢字を調べて意味を理解していくことで

少しずつ自分の主張を示し、相手との意見交換をする際に大いに役立てられたのです。

どうしてコミュニケーションに役立ったのか?

その理由を私なりに分解して考えてみると、次のような理由が浮かびました。

読めない漢字というのは、読み方も分からなければ、漢字の中身である意味も掴めていませんが

しかし、調べることで読み方を知り、意味も分かり易い言葉を用いて説明されている文章と出会える機会に恵まれます。

分かり易い言葉は、専門用語のようにその業界しか通用しない言葉で、一つの漢字の中に幾つもの意味を含めるようなものとは正反対のものです。

誰にでも分かり易い言葉を用いて説明している文章に触れる事ができたので

相手に分かり易い形として言葉に変換し、伝えられる事が可能になったのだと思われます。

平易(へいい)な言葉と言えばいいのでしょうか

読めない漢字を調べるということは

誰にでもわかり易く伝わるように説明している文章と出会える機会を増やし

結果的に自分の中に相手に伝わり易い言葉の種類を増やす事もなり

その言葉が相手に伝えるためのコミュニケーションにおいて、役立てられるようになっているのです。

ひとつの漢字の言葉だけを用いて伝えていては、相手の受け取り方次第で誤解を招く事態が起こりますが

誰にでも分かり易い言葉に変換して伝えられるようになると、自分と相手との意見交換もスムーズになるというものです。

読書を通じて読めない漢字の意味を調べるという行為は、自分のコミュニケーション能力も高めてくれる効果が期待できます。

まとめ

読書を続けていくと、分からない漢字や言葉にたくさん出会います。

そんな場面に遭遇した時は、この記事を思い返してみて、そういえばあんな事を言っていたなと役立てて頂ければ幸いです。

是非とも分からない漢字や言葉につまづいた際は、調べながら読み進めてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告