考えがまとまらない!を解消する。直ぐに実行できる取り組みとは?

こちらでご紹介している内容は、考えがうまくまとまらない時に私なりに実行している取り組みを書かせていただいています。

自分の考えを深めて発展させ、途中で考えを放棄しないように予防できたり、柔軟な思考を取り入れられ、様々な角度からかんがえられる様に少しでも役立つ内容となればと思います。

目から入る情報を極力減らす

私は自分の考えを深めようとするときには、自分が居る空間に物が置かれていない状態で考えるようにしています。

その理由というのも、目から入る情報を無くせば意識が奪われることを避けられ、考えたいテーマから気を逸らされることなく集中できるからです。

目から入る情報を減らせば考えたいテーマに集中できると気づいたのも、自分の部屋に物が溢れている状況で考えてみた場合と、図書館の自習室やホテルの個室のように余計な物が削ぎ落とされた状況で考えてみた場合を比べられたからです。

自宅で考えたい場合は部屋を掃除する

このように自分の視覚から入ってくる余計な情報を減らせば、目を奪われずに集中して考えられる事が分かるので対策を打てるというものです。

その対策というのも、まず始めは自分の自宅を掃除するという取り組みで、私は部屋を常に綺麗に保つようにするようになりました。

自宅で考えたい場合は特に部屋を掃除してスッキリさせておくと、本当に考えが冴えるのでその効果を実感します。

部屋を掃除したり余計な物を処分する事は直ぐに取り組めて、考えるための環境を整えるという意味でも手始めとしは簡単に始められます。

自然の中に自分の身を置いてみる

思考の行き止まりで佇むことなくそこから考えを展開させたり、深く深く思考をして追求していくのにも、私は考えるための環境を選ぶことは重要だと思っています。

そのような思いもあって、静かで自分の心身を混乱させない場所を選び、自分が一番リラックスできる環境を選択し考えるようにしています。

私がリラックスできる環境の中で一番心地良いと感じられるのは、木々が生い茂ったり川のせせらぎや鳥のさえずりが聞こえる自然の中です。

私が住んでいる環境は近くに海があったり、木々が生い茂る広い土地の公園があったりと自然に囲まれています。

人も少なければ広告といった看板も無いので、余計なノイズに邪魔されず思考するには打ってつけの環境といえます。

そのような自然の中、自分が考えたいテーマを持ち、紙とペンの2点を携帯し、歩きながら思考を巡らせています。

天気が良く心地良い気温の条件のもと自然の中を歩きながら考えると、まとまりのある考えが浮かぶ機会が増えたり、断片的ではありますが思考を助けてくれるアイデアのようなものも浮かんできます。

そして浮かんできた考えが頭の中から消えてしまわないうちに、直ぐに紙にメモするという取り組みをしています。

こうしておけば、後からそのメモを見返す時に重要なキーワードとなって、より一層自分の思考力を伸ばしてくれると実感しています。

私と同じような環境が近くにある方は一度試してみるといいかもしれません。

また近くに自然が少ない都心部にお住まいの方は、インターネットから取得できる自然の音源があるので、ぜひその音を聴きながら思考してみることを試してみてもらえればと思います。

集団心理に陥らない。自分の頭で考えられるようになるため、やるべき大切な事とは?

自分の体と心の状態を考慮する

考えがまとまらない時には幾つか理由があって、数多くの理由から思考を途中で放棄させてしまいます。

考えがまとまらない理由の中でも強い影響を受けてしまうものといえば、体と心の健康が失われしまうことだと私は考えています。

そのように考えるようになった理由というのも、私は無謀なチャレンジや無茶な行動を繰り返していた時期があって、そのせいで身体の健康を悪くし、呼応するように気持ちも落ち込んでしまうという経験をした事があるからです。

他にも人間関係からくる影響や社会の仕組みから与えられる影響によって、強いストレスから心が病んでしまう経験をした事も理由の一つです。

そのようにして心身の健康を害してしまうと、思考する体力を奪われ途中で考えを放り出してしまったり、ストレスなどで心を病んでしまう事でも、思考の行き止まりからどうやって前に進もうかと考えられなくなって、絶望してしまうケースになりがちです。

私なりに感じて思ってしまうのは、考えがまとまらないというよりも考える余裕が無くなり、考えるという行為をしなくなります。

このように心身の健康状態によって、考えるという行為ができるかできないかも左右してしまうので、思考をするためには身体と心の健康に気を配ってあげる事が大切だと実感しています。

そのため、食事に気を配りつつ体に負担の少ない低い強度の運動を取り入れたり、ストレスを溜めないように適度にガス抜きをする活動を生活の中に組み込んだりと、円滑に思考活動する状態を整える意味でも健康に気を付けるようにしています。

まとめ

こちらで書かせていただいた内容は直ぐに取り組めるものばかりだと思うので、一度でもいいので試してみてもらえればと思います。

これから他にも、容易に思考を働かせるために役立てていただけるような記事を書いていくつもりなので、気になる記事があれば目を通していただけたら幸いです。

こちらも読まれています

自分の頭で考えるには?方法とメリット

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告