【節約のコツ】目的も無くお店に行かない事が大きなお金を生む

お金を節約するための行動として、目的もなくお店に足を運ばないという取り組みが大切ですよ、という内容をお伝えします。

なぜそうする事でお金が節約できるのかを、私の経験も交えてお伝えできればと思います。

頑張って得たお金を自分のために活かしたい方や、生活を楽にするためにもお金を節約したいと思う方、そんな方に役立てられる内容となれば嬉しいです。

お店で新しい商品に出会うと試してみたくなる

私はお店の中に新しく発売された商品があると手にとったり試してみたくなるので、お財布の中にある金額で収まる範囲であれば購入してしまうことがありました。

新しいもの好きというか、試してみたい好奇心を抑えられないため、よくこういった衝動買いを繰り返していた時期があったのです。

このようなお金の使い方をするものですから、月の終わりにいくらお金を使ったかを確認すると、結構な金額を使っている事にビックリし、そりゃお金が貯まらない訳だと思ってしまうのです。

また、こうしたお金の使い方を辞めてから、日々生み出されている新しい商品がどれくらいあるのかを冷静に観察してみると、短期間でも数えられないほどの商品が次々と発売されている事が分かります。

これはつまり、いつまでも新しい物好きという性分や新しい商品を試してみたいという好奇心を発揮させていてはキリがなく、お金がいくらあっても足りない事を示していてくれています。

勢いでレジに持っていく

私はお店にある商品に一目惚れした際、気づけば商品を手にレジに向かっている事がありました。

「これが欲しい」と、強く思い込んだら、その商品について調べたり考えたりせず購入する事があったのです。

感情的になる欲求が強くなり、冷静になって分析する視点が消えてしまいがちなので、よくこういった事が起こっていました。

そうした事が続くと、気付けば部屋の中が物で埋め尽くされ、必要でもないし、あっても無くても困らない物だらけとなります。

私はそうした部屋を眺めた時、「お金が物に変わっているんだよな」とか、「もし、この物が全てお金だったら結構な額が手元にあったんだな」と考え、お金を物に変換していなかったら、実際はお金が沢山残っていた事に気付いてガックリした事もありました。

自分の家の中を見渡して、衝動買いした物の点数を数え上げ、それぞれの物の値段を合計し、実際に紙に書き出してみた事があるのですが、今までいくら無駄にお金を費やしてしまったかを思い知ります。

店舗は購入させるための仕掛けが盛り沢山

さて、気付いてる方もおられると思いますが、お店に商品が並べられている場所には光が当てられ、商品をより魅力的に見えるようにライトアップされています。

商品が並べられている配置も、性別や身長などから目線が計算され、購買層のターゲットを細かく振り分け、的確に購入させるための仕掛けが盛り沢山です。

最もその仕掛けが分かりやすいのは、お会計をするレジ周りです。レジの周囲には、ついで買をしてもらうための商品がきれいに並べられていますよね。

私は目的の物だけを購入しようと店舗に足を運ぶ際にも、こうした仕掛けがあるものですから、ついつい他の物も購入してしまいます。

お客に沢山の商品を購入してもらえるように計算された仕掛けがあるので、目的もなくお店に行かない事が節約になるという理由がお分かり頂けると思います。

つい最近のことですが、私は無印良品へノートの買い出しに足を運んだのですが、レジ横に置いてあったナッツを購入しそうになりました。ついで買をさせる仕掛けだと分かっていても手を伸ばしそうになるのですから、いかに買わせる仕掛けが強力に働いているかが分かります。

こちらもおすすめ

【節約術】「安いから」、「お得だから」という理由で購入しない

葛藤が強いられて、ストレスが溜まる

欲しい物がなければ、目的もなくお店に行かない。

これが節約になり、お金が貯まりやすくなるという事の他にも、実は、自分の中に葛藤を起こしてストレスを発生させないというメリットが隠されています。

私はストレスがいかに人を惑わせ、お金を使って消費させてしまう行動へと駆り立ててしまうのかを嫌と言うほど経験しています。

そういった経験から、自分の中で起こる葛藤のストレスレベルが低ければ、ストレス発散のためにお金を消費する機会も減り、自然と消費活動を鎮めてくれます。

商品を手に取り買うかどうで思い悩んだりする葛藤を無くせば、ストレスは溜まりません。

目的もなくお店に行かない事は、余計なストレスを溜めないためにも効果的で、そしてストレス発散のために消費してしまうお金も後から発生させません。

まとめ

お店に足を運ぶ頻度が多い方は下げてみたり、ウインドウショッピングなどを一時的に辞めてみるという取り組みを試してみると良いかもしれません。

お金の無駄使いを防止しストレスも軽減できると思うので、気軽に一度は試してもらえたらと思います。

終わりに、ここまで読んで下さった方が、お金を有効に活用しコントロールする術を習得するのに役立つ内容となれば嬉しく思います。

おすすめ記事

【まとめ】いつも金欠でお金が無い!そんな事態を避けるための方法

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告