危険に対するリスクについて。不安と悩みで押しつぶされないためには。

こちらの記事は危険に対するリスクに囚われず、リターンが得られることにも着目してみようといった内容をお伝えしています。

私は豪快なタイプはなく怖気付くタイプで、私と同じようなタイプの方に役立つ記事となれば嬉しいです。

私のケースから考えてみる

私は何か新しく挑戦しようとする時に、上手くいかない側面に囚われて不安な気持ちを持つことがあります。

金銭的なダメージの他にも、精神的なダメージを受けるんじゃないかと、頭の中で前もって考えてしまう傾向があるんです。

始める前から上手くいかないと決めつける悪い癖

そういった傾向からも分かることは、私には始める前から危険に対するリスクに傾きやい染み付いた思考があると分かります。

やってもみないうちから、失敗すると勝手に決めつけてしまう悪い癖でもあります。

頭の中で上手くいく結果を思い描くのではなく、悪い結果をいとも簡単にイメージしてしまうというものです。

自分の身を守るために強く働く思考だと考えられもしますが、そのような思考ばかりに傾きすぎると、何も行動することが出来ずに、現状維持から衰退へと自分を退化させる影響があるとも考えらえるのです。

自分の身を守るための自衛本能のような思考が、逆に自分を発展させようとする道を絶ってしまいます。

その選択は避けたい

危険に対するリスクを避けようとすることは自分の身を守るためには大切なんですが

行き過ぎると現状維持を選びがちで、自分の思考や行動を退化させていくという悪い面が現れます。

私が考える退化についお伝えすると、傲慢で井の中の蛙のような人へと変化させてしまうと考えていまして、そういった考えから、危険に対するリスクに囚われてしまうのは絶対に避けたい事でもあります。

柔軟のある考えが必要

これまで書いてきたことを一旦整理してみると

危険に対するリスクを考えることは、自分の身を守ることに結びつくので大事な考えだということ。

だけど、危険に対するリスクばかりに考えを向けてしまうと、何も踏み出すことが出来ずに自分を退化させていくという面があるということを述べてみました。

2つの面を考慮すると、危険に対するリスクも考慮しつつ、何もしないという現状維持を選ばない柔軟な考えが必要だと考えられます。

そのためにはどうすればいいのか?

危険に対するリスクも考慮してなおかつ現状維持を選ばず行動していくためには、柔軟な考えが必要だと書きましたが

それじゃどうすれば柔軟な考えが出来るのか?をこれからお伝えしてみようと思います。

リターンに目を向けてみる

柔軟な考えを持つためには、リターンである利益に着目してみることがお勧めだと考えられます。

やってみたら得られるかもしれない利益に目を向けてみると、危険に対するリスクを受け止める気持ちの余裕が生まれて、柔軟な思考が出来る気持ちの状態を整えられると思うのです。

リターンが得られる可能性が全くのゼロじゃ無いと思えれば、少しでも可能性があれば、やってみようと気持ちが動き行動しようとするものです。

現状維持は未来の自分にマイナスしか与えない

危険に対するリスクに囚われ過ぎて現状維持を選ぶということは

リターンが確実にゼロであり、ましてや現在から未来への自分を退化させていくことは明白で、下手したらマイナスであることに気づきます。

危険に対するリスクにばかりに着目して自分を退化させてしまうという側面からは

何も得ることが出来ないばかりか未来の自分にとって大きな被害を加えてしまうと気づくため、思考や行動を止めないばかりか怖気付いている場合ではないと考えられるようになると思うのです。

何もしないことが一番避けなくてはいけないリスクだと考えられれば

危険に対するリスクを受け止めて、リターンに目を向け挑戦していく流れを自然と作り出せると考えられもします。

まとめ

是非とも危険に対するリスクに囚われず、やってみたいことがあれば挑戦してみてもらえたら幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告