〈本の読み方〉読み進めていく途中で、文章の意味が理解出来なくなる場合どうするか?

自分にとって難解だと感じる本を読み進めていくと、途中から述べられている内容が理解出来なくなってしまうことはありませんか?

そのまま読み進めていくのか、それとも一旦立ち止まって考えてみるのか、悩んでしまうと思います。

この記事の目的は、「読み進めていく過程で、文章の意味が理解出来なくなった場合どうするか?」を考え、読書で深く内容を理解するための効果を促進することです。

読書をおこない実生活に活かせる知識に昇華するためにも、少しばかりお付き合い頂けたらと思います。

どちらの読み方をするか?

途中から分からなくっても、そのまま読み進めていく読み方と

一旦そこで立ち止まり、前の文章を読み直して確認しながら読み進めていく読み方では

後者の読み方をする事で、圧倒的に本の内容を深く理解する事を実感します。

まず私の意見として

途中から文章が理解出来なくなった場合、そこで一旦立ち止まり、前の文脈を読み返してみる読み方を選択する事をお勧めします。

なぜか?

なぜこの読み方をお勧めするのかと言いますと

私の経験から言える事でもあり、本の内容を深く理解するためには絶大な効果を実感したからでもあります。

様々な読み方を試してみて

「読み進めていく途中で文章が理解できなくてもそのまま読み通し、再び二度目の精読をする」

という読み方を以前はしていたのですが、二度三度と繰り返しても、中々内容が理解できないということがあったのです。

私の読み解く力が弱いというのも1つの理由かもしれませんが、そのような事もあり

今までの読み方では内容を理解する事が難しいと感じ、違う方法を試して比較してみることにしたのです。

その違う読み方とは、すでに前の項目で述べた読み方で

「途中から文章が理解出来なくなった場合はそこで一旦立ち止まり、前の文脈を読み返してみる」読み方です。

実際に読み方を試して比較してみると、本の内容を認識できる度合いの鮮明さに明らかに違いがあり、読み解く力が弱い私でも理解できてしまうという嬉しい経験をします。

時間をかける読み方だけど、得られるリターンは大きい

文章を読んでいる途中で一旦立ち止まり読み返すという読み方は

自分の想定してきた文脈を疑い一旦前のページに立ち返ってみて、自分なりに理解できるような文章を想定し直す事でもあると思います。

そういった作業をしながら丁寧に読み解いていくのは、多くの時間を要する読み方です。

中々読み進められない為に少し煩わしく感じたり、焦る気持ちが生じて次のページに早く進みたい気持ちもあり、なんだかもやもやする気持ちを抱いたりします。

しかしその反面、少しずつ理解しながら読み解いていく取り組みを積み重ねていくと

理解が深まり本から得られるものを最大限に引き出すことや、自分の時間を無駄にしない扱い方となります。

得られるリターン

まず、少しずつ理解しながら読み解いていく読み方のメリットの中に、読む行為の時間を無駄にしなくて済むという事があります。

読んでも全く内容が理解できずに、何が書いてあったのか思い出す事もできないという事態を回避できるので、本を読んだ時間という行為自体を無駄にすることがありません。

次に、実生活で応用したり実用化できる場面を増やす可能性を拡げることにも結びつきます。

忘れずに内容を理解していれば、現実に反映できる機会も増え
時間やお金を増やしたりする事もそうですが、身体面や精神面の健康を養う事にも結びつけやすくなります。

具体的に例えると、税金の申告を理解していれば軽減できることもあれば、還付して貰えることもできますし

体の健康を維持してくれる構造や仕組みを理解していれば、予防することに取り組めるので

支払わなくていい税や、医療費、そして働く時間や体を癒すための時間を別の価値あるものに充てることもできます。

時間をかけて理解を深めていくと、目に見えない形として後から大きなプレゼントが貰えると考えてみるといいかもしれません。

まとめ

ぜひ、「途中から文章が理解出来なくなった場合はそこで一旦立ち止まり、前の文脈を読み返してみる読み方」を実践してみて下さればと思います。

実生活を豊かにすることや文章の内容を深く理解する力も、きっと向上させると思います。

この記事を通して、読書で得られるものを最大限に引き出す効果が生まれたら、書いてよかったと嬉しく感じます。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告