情報を取り入れない時間を作ることは、自分の時間の「質」を上げる

情報を頭の中に入れない時間を意識的に取り入れて、自分が考えていることについて考えを巡らすと

周囲の価値観や意見、概念といった情報から一旦自分を遠ざけることが可能となって、周囲に存在している声の大きい方達から自分を守る事ができる。

思想や宗教的、政治的、学説、マーケティング的なプロパガンダなど、自分の思考や行動が縛られることを回避し、視野を狭める事や選択肢を限定されることも軽減される。

賞味期限が切れている文化的な価値観もそうだけど、仕事のキャリアや収入といった概念にも苦しめられる事も無くなる。

「こうすることが幸せですよ」と言った概念を押し付けられても、「あっそうなんですか〜」で済ませることが可能で

多くの方が手にしたいと望んでいる錯覚させられた幸せの対象となる物を、自分も一緒になって追い求めなくて済む。

社会的なニュースを見たり聞いたりしても、発言している方の立場に疑問を持つことや、記事を書き上げている筆者の立場も考慮して客観的な視点で眺めることにも繋がる。

シンプルに言い換えると、自分の中に固執した物の捉え方、決まりきった価値観を作ることを避け、柔軟な見方や意見を持てる自分を作り上げていける。

自由に精神を遊ばせてみる奔放さを育む

情報に頼り過ぎると自分の精神的な気持ちを弱くもさせるから、情報に頼らずに自分の精神を自由に遊ばせてみる事も大事。

遊ばせると転んだりつまづいたりして怪我をするけれど、その痛みや辛さが後になって大きな怪我を回避する事に結びつくから心配しない。

転んでも立ち上がれる精神力を育んでおけば反対にも情報に頼り過ぎることなく、自分の知識やスキル、経験を頼ることに結びつくから自然と自分を向上させていくことにもなる。

頭の中をスッキリさせておくには?

多くの情報を頭の中に入れると頭の中が混乱してしまい、日常生活にも支障が現われてミスを連発してしまう。

必要の無いものを購入したり、人間関係においても相手のことを軽率に扱ったり、物事に着手しても集中できずおざなりに済ませてしまったりしちゃう。

だから、情報の質を考慮して情報収拾を行う時間も管理する。

そうすることで自分自身の思考や行動を自分でうまくコントロールすることが出来ちゃう。

まとめ

情報がたくさん溢れている時代だからこそ、情報に振り回されて右往左往しないように情報の質や時間を見直していく。

自分の思考や行動がどのような情報を動機として働くか、とても大事なことだから敢えて情報を絞る取り組みが大切になってくる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告