自分の可能性を潰さないために社会的な考えの枠で囲まない

社会的な考えの影響から、自分の可能性を潰されないようにするための内容を書いています。

自分の可能性を広げるためにも、ぜひ読み進めてみて下さい。

鵜呑みにしない、妄信しない

自分の可能性を潰されないために大切なことは、社会的な考えを絶対的なものとして捉えない意識を持つことです。

具体的に言いますと、専門家といった方の立場の言説や、定説、学説、規範、法、常識といった共同的に持つ考えを鵜呑みにしないようにするのです。

権利や立場、利益などを守り、恩恵を受ける立場の方の都合によりこのような考えを流布していたり、誤った認識に賛同する声だったりもするためです。

そういった方達の都合のために、私たちの可能性を潰されてしまうのはたまったものじゃありません。

常識を振りかざす方の声には特に注意が必要

そして特に、社会的に広く共有されている、常識的な考えというものにも強く気を配る必要があります。

常識の中身は時代によって移り変わるあやふやなものという事実を知り

普遍的な物差しとして誤解し、振りかざしている方の声には注意をします。

時代錯誤の常識を笠に着て、頑張っている方の可能性を潰し、足を引っ張る行為をして楽しんでいる方を見ると悲しくなります。

そしてこういったことからも、自分の可能性を潰されないように「常識だ!」という声には注意を向け、相手の言葉を吟味し判断していく工夫が必要です。

まとめ

無責任さや理不尽な考えを押し付けられたり、古い常識を持ち出してあなたに強要する場面に出会った時、この記事を思い出してもらえたらと感じます。

自分の可能性を潰されないように是非この記事が役立てば幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告