脱け殻の状態から脱出するために取り組んでみてほしい方法

脱け殻の状態は気力も体力もないないづくしで

放っておくと自分を大切に扱わなかったり

無為な時間を過ごして、人生を棒に振ってしまう傾向を作ってしまいます。

こちら記事の目的は、そんな脱け殻の状態から脱し

自分の人生に色を帯びさせ

価値あるものへとするために役立てていただくことです。

自分を腐らせず信じてあげられ、前に進む力強さを取り戻すために活用していただける内容となればと思います。

何はともあれ休息期間を設ける

脱け殻の状態から脱するために、まず始めに取り組んでもらいたいのは

とことん休む事です。

なぜかと言いますと、精神的にも肉体的にも疲れ切っている状態では

次に踏み出すためのエネルギーが捻出できないからです。

私を例にしてお伝えしてみると、精神的、肉体的な負担が重くのしかかった状態で何かに取り組んでみても

うまくいかないことが多くて、余計に気持ちが沈んだり身体に負担もかけてしまう事がありました。

何はともあれ、心と体の両方をまずは休める事を優先し、次に踏み出すためのエネルギーを充電します。

休むための工夫

休むといっても、取り組み方によっては全く疲れが取れないことにもなってしまうので

こちらではしっかりと休息を行うための方法をお伝えしてみようと思います。

お日様の光を浴びる

休息の効果を得るために是非とも試してもらいたいのは、しっかりとお日様の光を日中に浴びる事です。

昼夜が逆転している方のケースでは、生活サイクルを見直して昼に活動し

夜にはしっかりと眠る事から始めてみてもらえたらと思います。

なぜ昼間に日の光を浴びることで、休息の効果を高められるのか?

その理由をお伝えしますと

人の身体に備わっているホルモンの力を取り戻す事で、夜にグッスリと眠れるようになり

心と身体を十分に休めることに繋がるからです。

私も昔は夜型のタイプで活動していたのですが

実際に昼型に方向転換し、お日様を充分に浴びるようにしてみると

夜にグッスリと眠れ、朝起きた時には頭と身体が軽くなっている事を肌で感じ取れました。

そうすると他にも、夜に色んな事を考えて不安な気持ちになる時間を過ごしもしなければ

朝起きてから活動をスタートする間の時間も短く済むという効果も得られもしました。

朝起きてから頭は鮮明にクリアな状態で、身体も軽く感じられたのです。

昼間の時間に充分に日の光を浴びることで

睡眠の質を上げて心と体をしっかりと休められる効果が期待できます。

食事を見直す

私が取り組んでいる方法の中で次にお伝えしたいのは、食事を見直してみることです。

コンビニやスーパーで売られている加工食品を食べるのではなく

材料から揃えて、自分で自炊し食べる取り組みです。

なぜ食事を見直すべきななのか?その理由は

加工食品に含まれている物質の影響で、人の身体を疲れさせ負担をかけてしまい

精神や身体の疲労が取り除けなくなるためです。

実際に私も実践して取り組んでいるのですが

たまに加工された出来合いの食事を摂取して比較してみると、体と心に影響が確かにある事を実感できます。

頭が使い物にならなくて考えられなかったり

気分がイライラしたかと思えば、気持ちが沈んでしまうなど

他にも身体の調子が悪くて、行動範囲と選択肢が狭められるなども感じました。

今では、食べたものが人を作るというのは本当のことだと実感している次第です。

普段の食事を見直すことで体と心を回復させ

さらに気力を取り戻す効果が期待できますので是非とも取り組んでみてほしい要素です。

運動する習慣を取り入れる

脱け殻の状態から抜け出す方法として試してみてほしい取り組みは

運動をすることです。

なぜ運動をする事で脱け殻の状態から抜け出し易くさせるのかといえば

人の身体の機能を向上させ、精神的に作用する気分にも良い効果が期待できるからです。

私が経験して実感するのは、やっぱり身体の調子が悪いと気分も落ち込んでしまう傾向になり易く

「なにくそ」という反骨精神やハングリー的な気持ちを持ち難くさせると感じています。

ですが、少しでも身体を動かす事をやってみると、体と心のバランスをうまく保ち

心身の健康を維持する事が可能になると実感しています。

運動を行うといっても、たった15分ほど外を歩くだけでも効果があるので簡単な取り組みでもあります。

本来、運動は体を疲れさせる事でもありますが

夜の睡眠時に頭と体を回復させるための質を向上させる効果があるので

程よく軽い運動習慣を取り入れてみることはお勧めです。

夜にブルーライトを浴びない

是非とも取り入れてほしい取り組みは、夜にブルーライトを浴びてしまう電子機器に触れない事です。

なぜかとお伝えしますと、睡眠の質を確実に低下させるので

心身の回復度合いが低くなり、その結果昼間に活動するための気力も失われてしまうからです。

私も夜はスマートフォンやパソコンに触れないように取り組んでいますが

朝起きたときに感じる、頭と身体の負担に大きな違いがある事を強く実感します。

夜にブルーライトを浴びてしまった次の日の朝は、頭と身体が重く感じ、気分が上がりませんが

ブルーライトを浴びなかった次の日の朝は心身共に快調で、気持ちも自然に落ち込みにくい状態を保ってくれていると感じています。

朝起きた時に気力がしっかりと回復されている状態からスタートさせるためにも

夜にブルーライトを取り込まないように工夫をしてみてもらえたらと思います。

まとめ

抜け殻の状態から脱するためにも

まずはしっかりと自分の心身を休める取り組みを始めてみてもらえたらと思います。

しっかりと休息をとって気力を取り戻し

それから自分のペースで焦らず進めていけるようになれば幸いです。

こちらも合わせて読むと良いかもしれません

自分で考えて、自分の意見を持つことの大切さ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告