人生を諦めるのに年齢を理由にしない。

人が生きていく過程の中で転ぶことは当たり前のように起こりますが、転んだまま立ち上がれない時もあります。

そんな転んだままの状況に落ち着いてしまう理由の一つに、自分の年齢というものを理由にしてしまう場面があります。

そこでお伝えしたい内容とは、人生を諦めるのに年齢は大きな理由にはなり辛いということです。

これから先の自分を諦めたく無い方、自分をより良い方向へと進めたい気持ちのある方に役立つ内容を届けたいと思います。

年齢はあくまでも曖昧な基準であること

まずお伝えしたいのは、世間的な考えである年齢を軸にして物事を判断する考え方から離れてみてほしいというものです。

なぜかといえば、年齢を基準にした認識はあくまで世間的な共通認識で、確実に正解とはいえない曖昧な指標であると気づくきっかけとなるからです。全てとはいえませんが、年齢で判断する基準は大体においていい加減なものの場合があります。

現代でもそのような古い固定観念がまかり通って、いまだにその考え方を信じてしまう傾向がありますが、まずはその考え方を疑い、当てはまらない方も大勢いるという事実に目を向けてみてほしいのです。

年齢で諦めてしまう考え方は人を絶望的にさせる

年齢を理由に諦めてしまう考えを受け入れてしまうと、これから何をやっても時間の無駄だと突きつけられているようなものです。「ある年齢からは失意のまま生きていくだけ」といったものとなり、自分の人生を悲しいものへと変えてしまいます。

そうすると精神が蝕まれ心を病んでしまうことや、人生において不満や愚痴を言うだけで何も行動に移せない口だけの人で終わってしまいかねません。

そこでお伝えしたいのは、年齢で諦めてしまう考え方と遭遇した時は、その考え方に沿わず常に他の可能性を模索する思考と行動を選ぶと構えてほしいというものです。

視野が狭くなっていないか?思慮が浅くないか?他に何か方法がないか?と、常に他の選択肢を追い求め、時には世間の常識とされる考えから逸脱した態度を示してみてほしいのです。

自分の本当の気持ちに素直になればいい

自分のこれから先を良くしていきたいと思う気持ちがあるのなら、年齢を盾にした理由となる考え方を改め、自分の気持ちに素直になる思考と行動へと動かしてみることを提案したいと思います。

なぜなら、年齢を理由にして人生を諦めてしまうのは、自分の本当の気持ちを偽って無難に現状維持を選ぶ自分を作りあげてしまうからです。年齢に関係なく自分の気持ちに素直になって、変わりたいと強く思うのなら実際に行動へと移してみてほしいのです。

その時々の年齢の自分で最善を尽くすだけ

先ほどの内容の続きですが、いつだってその時々の自分の置かれた状況や条件で、最善を尽くし、全力を出し切るという心構えを持ってみてほしいとういものです。

10代の時の自分、20代の時の自分、30代の時の自分、40代の時の自分、50代の時の自分、60代の時の自分、70代の自分、80代の自分、90代の自分……といった、

その時々の年齢の自分で、より良い方向に向かって励めばいいだけと考えてみてほしいのです。

年齢を理由とする考え方を受け入れてしまうと、頭の中の牢獄に囚われ苦しくなります。そうならないようにも、こういった考え方や気持ちを持ってみてほしいと思うのです。

まとめ

この記事を通して、年齢を理由としてしまう考え方から離れられるきっかけとなれば幸いです。

実際に自分の気持ちに正直になって動いてみれば、きっと年齢を理由とした考え方から抜け出し、諦めるという選択を選ばなくて済みます。

是非とも年齢を理由として諦める選択はしないと、自分の中で書き換えてみて下さい。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告