無駄遣いを減らしてみたら年間約15万円節約できた

私はちょっとした無駄遣いを減らしてみただけで、年間約15万円程の節約に成功しました。

こちらに書かれている内容は、約15万円のお金が節約できた内訳を記しています。

そして、無駄遣いを減らすために色々と実践してみた内容も含まれています。

これから無駄遣いを減らしたい方やお金を節約したい方に役立つ内容となれば幸いです。

毎日支払うコーヒー代に注目してみる

私がついつい買ってしまう物の中に、コーヒーがあります。コーヒー1杯が大体300円前後で、お店で毎日飲むという習慣がありました。

少額だから微々たる出費だと考え、毎日コーヒーをお店で飲みリラックスをするという習慣でした。

しかし、300円だから安いものだと考えていたのですが、節約しようと思い立つと、それが一ヶ月や一年も積み重なると結構な金額になると考えるようになります。

そこで簡単に計算してみると、一ヶ月なら約9,000円で、一年なら約10万8,000円程の出費であることを知って、バカにならない出費だと気づきます。

たとえ少額でもそれが毎日積み重なっていくと、大きな金額を無駄遣いしてしまっているとビックリしました。

こうして見える形として数字にしてみると、大きな金額が自分のポケットから漏れていると自覚するようにもなります。

たかが300円と思っていても、甘くみてはいけないとも感じました。

そこで私は、この無駄使いの習慣を辞めるだけでも、単純に年間で約11万円もの支出を抑えることにるなと考え、それはつまり、年収が11万円増えることだったりするので、給料が昇給する額よりも遥かに大きな金額を得られていると考えもします。

そう考えるようになってから、コーヒーをお店で購入する習慣を辞めようと決意します。初めは中々上手くいかなかくて自然と足がお店に向かっていたのですが

通う回数を徐々に減らしたり、約11万円も節約できると思い返したりするなどの工夫を取り入れたりして、今では月に一回通うかどうかになり大きな金額の節約に成功しました。

また、そうすることで気づいたいたのは、コーヒーを自宅で淹れて飲んだ方がお店の中よりも落ち着ける事を発見します。

他のお客の話し声や行き交い、食べ物の匂いなどに邪魔されないので、よりリラックスできるのでしょう。

節約しようと思い立った結果、お金を節約できる事に成功し、自宅の方がお店よりリラックスできるという事も発見できたので、私にとっては嬉しい事ばかりです。

コンビニATM利用のついで買い

私はコンビニのATMをよく利用し現金を引き出したり預けたりするのですが、そのついでに飲み物やミンティアなど購入していました。

コンビニでATMを利用したついでに商品に手が伸びていたのです。酷い時は一回のついで買いで1,000円以上も無駄遣いしている事がありました。

ついで買をしてしまうというのも、ATMの利用だけで済ますのは、私がコンビニに対して申し訳ないという気持ちになるからで、そのためついつい何かを購入していたのです。

しかし、ATMの手数料が無料だとしても、コンビニで何かを購入していては、手数料が無料の意味がないと考えるようにもなります。

そこでこのついで買いを辞めるためにも、コンビニに置かれているATMについて調べてみたのです。

調べる前まで知らなかったのですが、どうやらコンビニにATMを設置すると、銀行からコンビニへ設置賃料が支払われているという事らしく、コンビニ側はATMを利用してくれるだけでも旨味があるというのです。

それならと、別にATMを利用するだけでもコンビニに対して申し訳なく思わなくてもいいなと考え、それからATMだけを利用しても堂々とお店を出られると思うようになります。

今ではコンビニでATMを利用するだけなら、そのままお店を出るようになり、ついで買いの習慣が無くなり無駄な出費を抑えられています。

ただ例外としてコンビニでトイレを借りたい時だけは、何か一点だけ購入するようにしています。

ミネラルウォーターを辞め、浄水器を取り付ける

次に無駄遣いを減らす取り組みとして、日々飲んでいるミネラルウォーター代に注目してみました。

節約しようと思い立つ前は、ミネラルウォーターの2リットルを定期購入し月に大体1500円〜2000円ほど支払っていました。

コーヒーやお茶をいれたり料理に使用したりなど体に取り込む水分に気を配り、健康を意識してミネラルウォーターを購入していたのです。

健康に配慮してミネラルウォーターを購入する事は、無駄遣いではないと初めは考えていたのですが、それでも水道が自宅に通っているのですから、なんとか濾過して飲めないかと考えたのです。

それに水道料金も支払い、ミネラルウォーターにもお金を支払う事は、なんだか余分にお金を支払っていると感じて勿体ないと思ったのです。

また他にも、ミネラルウォーターのペットボトルを捨てたりラベルを剥がす手間を無くしたいといった理由もあったり、購入してから自宅に持ち帰るだけでも一苦労だったりと、そういった様々な理由があり、ミネラルウォーターを節約しようと思い立ちます。

浄水ポットを購入してみた

そうした事もあり、実際に節約するため初めに取り組んだ事は、浄水ポットを購入し冷蔵庫に保管しておくという方法でした。

しかし、使ってみて初めて色んな点に気づくもので、この方法は私には合わなかったみたいで実際には節約にはなっていないと思ったのです。

三菱のクリンスイという浄水ポットを購入したのですが、水を濾過する時間が必要で待つ時間が発生したり、一度に大量に水を濾過する事ができないので何度も水を汲まないといけない問題点が浮上したりと扱いづらかったのです。

他にも、浄水するための濾過フィルターなんですが、定期的に交換する必要があり、またその交換用のカートリッジが思いのほか値段が張って節約にはならないと感じたのです。

こちらも読まれています

【お金が残らない!を解消する】一生モノと宣伝されている高価な物は購入しない

【節約術】食費を抑える節約をしない事が大きく得をする

浄水器を蛇口に取り付けてみた

そこで次に取り組んだ方法は、水道の蛇口に浄水器をそのまま取り付ける方法です。

浄水器のお値段はピンからキリで、安いものでは1,000円もかからず、高いもので1万円もいかないお値段です。

私が取り付けた浄水器は、1,000円もかからないリーズナブルなものですが、水も美味しく飲め、水道水特有の匂いも軽減されていたので十分満足できるものでした。

実際に取り付けている浄水器です。

ボンスター 浄水蛇口 プレミアム シルバー

ペットボトルのゴミも出ないし、水が濾過されるまで待つ必要もない。そしてそんなにお金をかけなくても体の健康を保てますし、何より大きな金額を節約する事に成功しました。

節約しようと思い立ち取り組んでみた最終結果は、1,000円もかからない浄水器で、約3ヶ月はフィルター機能が持続し、美味しい水道水が飲めるという結果が出せました。

以前はミネラルウォーターを購入し、月に1,500円〜2000円ほど支払っていたのを考えると、大きな金額を節約できています。

どれぐらい節約できたのか?

これを具体的な数字として書いてみると、月に1,500円のミネラルウォーター代として、それを3ヶ月で算出してみると、4,500円で、浄水器の場合は1,000円も必要としない金額で収まるので、かなり金額に違いがあります。

続いてこれを一年で計算してみると

ペットボトルのミネラルウォーター代 1,500円を12ヶ月で算出すると、18,000円です。

蛇口に取り付ける浄水器の場合は、500円で3ヶ月は保つので、4つの浄水器を購入する事になり、合計金額は2,000円となります。

年間のミネラルウォーター代が18,000円で浄水器の場合は2,000円となり、年間で差額が16,000円も節約できています。

簡単に計算してみましたが、本当のところはもっと節約できているのです。

ミネラルウォーターの金額は最低額で計算していたり、蛇口に取り付けている浄水器も税込みでも400円台で購入できているので、実際のところは16,000円以上の金額を節約できている事になります。

まとめ

この記事を書き終わった後に再確認した事をお伝えすると、小さな金額の無駄遣いは疎かにしてはいけないという事です。

小さな金額の購入を控える事は、大きな節約に繋がると思います。

私はこんな風にして年間約15万円以上の節約に成功しました。

この記事を読んで下さる事で、自分にあてはめて考えるキッカケが生まれたり、無駄遣いを減らすための助力になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告