〈必読〉勉強を嫌いにならない。学習を向上させるために必要な要素

誰もが学ぶ対象につまらないと感じたりすると、途中で挫折したり諦めたりする事があると思います。

そうするとモチベーションも低下して、学ぶことや勉強する事が苦行で辛い対象にもなりかねません。

社会人となっても独学をしている方にも同じ様に当てはまり易いケースです。

この記事ではそんなケースに陥らない為に、本当に大切で欠かせない要素をお伝えしてみようと思います。

独学、勉強、学びなど一生継続していく過程の中で

きっとこの記事が学習においての伸び率や成長の度合いなどをより一層と飛躍させると思いますので、是非読み進めてもらえたら幸いです。

学ぶ対象に特別な意識を持てるポイントを見つけることだけ

これから私の経験をも含めてお伝えしていこうと思いますので、短い間ですがお付き合いお願い致します。

はじめに結論からお伝えしますと、学ぶ前の段階において学ぶ対象に自分なりの特別な意識を持つ事で、学びという取り組みを楽しめながらも継続させ、そして学習においての質や吸収率を向上させます。

この要素が、勉強や独学、学びをする上で最も大切な要素です。

そのため、学ぶための理由において必要に迫られているといった強制的なものだったり、やらなくちゃいけない様な立ち位置にある理由だと、学びの質が低下して時間も労力も無駄に消耗してしまいます。

消耗させるという意味合いを具体的に噛み砕いてお伝えしますと、学ぶ対象に取り組む時間と労力が釣り合わない結果しか生み出せないというものです。

学ぶ対象に特別な意識を持つために時間をかける

ですから、学びを始める前には必ず学ぶ対象に対して、自分なりに特別な意識を持つために時間をかけてやる事が欠かせません。

いきなり学び始めると、学ぶための意義や意味が薄弱な為に、続ける事がどうしても困難となります。

自分なりの特別な意識を見つけられると、学びの質を向上させる事はとても簡単になる

学ぶ対象に特別な意識を持つ事が、学びを継続させて質も向上させるとお伝えしました。

そこで、自分なりの特別な意識をどうやって学ぶ対象に見出せばいいのか?が、分からないと思いますので

そのヒントとなる内容をこれからお伝えさせてもらいたいと思います。

意味、価値、好奇心を掻き立てるもの、親しみ易さ

学ぶ対象に特別な意識を持つためのキーワードは

意味

価値

好奇心を掻き立ててくれる要素

親しみ易さ

等です。

  • 学ぶ対象に自分なりの特別な意味を見出す事。
  • 自分にとっては大きな価値があると思える事。
  • 学ぶ対象に取り組む事で、自分の好奇心を満たしてくれる事。
  • 学ぶ対象に反発心や抵抗感を取り除き、身近なものとして受け入れやすくする事。

となります。

大きな意味や価値を見出して、好奇心を感じられる事に喜びを見出したり

学ぶ対象に親しみを持って心理的なバリアを失くす事が出来れば、「もういいや…」といった諦める気持ちや「嫌」となる気持ちを持ち難くさせます。

そして、「やりたい!」という自分の内側の気持ちから発するので、強い継続力を自然と生み出す効果が期待できます。

継続することや取り組むことに努力が要らなくなる

この様な特別な意識を持つ事で、誰にも強制される事なく自発的に意欲が高まるため、学ぶ対象に取り組む事に努力不要となります。

努力をするという意識では無く、楽しいことをするという意識に変化するので
「頑張るもの」から「楽しいもの」へとなり、努力がいらなくなるんです。

そうすると、楽しいから辞められないといった流れが自然と構築されもするので、学びを一生続けていく事も不可能ではありません。

まとめ

是非とも独学をされる際には、学ぶ前に自分なりの特別な意識となる要素を見つけてもらいたいと思います。

お勧めする取り組み方としては、焦らずに時間をかけて見つけてみると良いかもしれません。

終わりとなりますが、学びをする全ての方に、より学びの質を向上させる効果がこの記事にあれば嬉しく感じます。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告