焦らない自分を作るために必要な考え方

気持ちが焦ることで今までやってきた努力が無に帰す結果となってしまった経験のある方や、何度も同じような失敗を繰り返してしまう方にお伝えしたい内容です。

焦る気持ちの状態から、冷静に落ち着いた自分へと無理なく変わるために役立つ内容となれば幸いです。

焦る決断は良い結果とならないケースが多いという事実

私のケースを例にお伝えしてみますが、焦る気持ちの状態のまま取り組んでしまえば、必ずといっていいほど良い結果となりません。

不安に近い焦燥感もあれば、誰かに急き立てられたり、はやる気持ちが抑えられない場面でも同じように上手く事が運ばない結果となりがちです。

焦っている状態とは、頭と心が掻き乱れて自分のコントロールを失っているようなものです。

このような私の経験からお伝えしたいのは、焦る気持ちの状態の自分だと決断を誤ったり、適切な判断を下せないようになるという事実をまずは認識する事が大切だというものです。

あらかじめ、自分は焦るとまともな判断が下せないという事実を実感しておくと、次にお伝えする取り組みが楽にできるようになります。

焦る自分を見つけたら、冷静さを取り戻す事を最優先にする

焦っている状態では適切な判断を下せないという事実が分かれば、焦る状態の時は、冷静さを取り戻す事を最優先にするという考え方が必要です。

焦る状態では頭や心の中が乱れていたりして、突飛な判断をしたり誤った行動を選んでしまいがちで、その失敗の後始末をしなくてはいけない事もあります。

仕事でいえば余計に作業量を増やしてしまったり、被害を防ぐどころか拡げたりします。そして焦った状態で選んだ決断の結果を収拾するという後々の事を考慮してみると、焦っている時はいかに冷静さを取り戻す事を最優先にしなければいけないのかその大切さが分かります。

そのため、たとえ時間的な制限がある状況に立っていたとしても、まず順番としては冷静さを取り戻す事が一番初めに取り組むべき事なんです。

冷静さを取り戻す方法を事前に準備しておく

先程の続きですが、いざ焦っている時に冷静さを取り戻そうとしても、事前に冷静さを取り戻す方法を準備しておかないと対応できなくなってしまいます。

そのため、事前に自分に適した方法を見つけておく事をお勧めしたいのです。

例えば私の場合、締め切りのある課題や問題があれば、無理にでも一旦その問題から離れてみたり、少しの時間だけ目を瞑ったり、何も考えないような時間を設けてみます。

他にも可能であれば仮眠をしたり散歩したりして、頭の中の考えや気持ちをリセットします。

あくまでも私の例ですが、自分に合う方法を見つけるヒントとなれば幸いです。

まとめ

是非とも焦った状況に立たされた際は、冷静さを取り戻す事を最優先にしてみて下さい。

そうする事で、きっと良い結果となる方向に進めると思います。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告