挑戦する気持ちを失くさないために大切なこと

人は何かに挑戦する行為を辞めてしまうと、身体的にも精神的にも退行していくと感じます。

他にも、日々の生活の中で充実感も得られず、確かな手応えが無い状態で過ごすことも増えていく傾向があると感じます。

そのため、そのような状態に陥らないようにし

力強く一歩一歩確実に踏みしめる感覚や、充実感を持てる日々を増やすためにも、大切だと思う内容を書いてみたいと思います。

不安や恐れを感じることは誰にでもある

何かに新しく挑戦しようという気持ちを持つ反面、心の中に不安や恐れといった気持ちも同時に持つ事になり

危機や危険なケースが頭の中によぎってしまことがあると思います。

そして、その危険性があることから、挑戦しようとする気持ちが萎み

行動に移す事が出来ず、停滞したままになり、挑戦する意欲が無くなって元に戻ってしまう流れになりがちです。

しかし、誰もがその危険性を考慮しているにも関わらず

挑戦し続けている方がいて、世界中にたくさん存在していることが分かります。

そのような方を拝見すると、やはり何か重要な事に気づいているからこそ、挑戦し続けているのだと考えられるのです。

また、挑戦し続けている人を分析してみると、そこには共通点があることに気づきます。

「分からない事を知る」ための行動に移す事が、挑戦するエネルギーに転換されている

動き出してしまうとは、少しだけ前に進んでいくことで

前に進むということは、分からない事を分かるようにする事でもあります。

分かるようにするためには、自分から動いて情報収集に取り組む行動に移す事です。
そして分かったことを材料にして、実践してみることです。

挑戦し続けている人の共通点とは、この一連の流れを絶え間なく行動に移していると分析できます。

そこで気づけることは、分からないからこそ不安や危険な気持ちを優先してしまい、動けなくなってしまうということです。

未知で分からないからこそ、不安を抱き、動けなくなってしまうと考えられます。

そのため、挑戦する気持ちを優先させるためには

知らないことを少しでも知る行動に移す事が必要だとわかります。

手段や構造、仕組みを理解すれば、それを試してみたくなる気持ちにもなり、挑戦してみるエネルギーが生み出されるのだと考えられるのです。

立ち止まらない

また、挑戦してみて結果が上手くいかなくても、なぜ上手くいかなかったかを分析し

改善点や問題点を探す思考や行動に流れ、常に前進し続けています。

失敗しても辞めるという選択を選ばず、掴み取りたいものや目的は変わらなくとも

方向性や手段を変えて、再び異なる道を進みゴールを目指しています。

そこで気づけるのは、常により良い方向に前進し続ける行動に移し続けていて

不安や恐れ、へこんでしまう気持ちを優先させないようになっていることです。

前進し続ける事で、自分の中に弱気になってしまう気持ちが押し寄せないように自然と対策がなされています。

落ち込んで、うなだれている時間があるのなら、その時間をより良い方向に進めるために使いたいといった気持ちの転換もなされ

立ち止まる事なく、常に目的に向かって進み続けています。

まとめ

シンプルにまとめてしまうと

挑戦するための行動に駆り立てるには、まずは構造や仕組みを理解する行動に実際に移してみることです。

分からないことを、分かった状態に移行させる事が、挑戦するためのエネルギーに変わります。

そして、立ち止まることをせず、常に改善点や問題点を探す思考や行動に移しておけば

不安や恐れといった気持ち抱いたり、考えたりする暇を与えないことに結びつくという事です。

また、その結果

挑戦する意欲や気持ちを失くす事が無く、自分の中の忘れかけていた大切なものを取り戻すことにも繋がっていくと思うのです。

その忘れかけていた大切なものとは

好奇心や勇気といった、大人になると隠してしまうものだと思うのです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

この記事を通じて、挑戦する気持ちを失わないようになれば幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告