痔瘻患者は必見!正しい水分の摂り方で再発を予防する。

痔瘻の患者さんが一番避けたい内容とは、痔瘻を再発させてしまう事だと思います。他にも挙げると便秘や下痢といった症状もあります。

そこで今回お伝えする内容とは、痔瘻の方にとって正しい水分の摂り方です。

これからお伝えする方法を採り入れてもらうことで、再発を予防する効果だけでなく、便秘や下痢を避けられる効果も期待できます。

そして、自己の免疫力を取り戻す効果やトイレ時の痛みを軽減する効果もあるので、是非読み進めて見てもらいたいと思います。

水道水を控える

日本の水道水は世界的に最も安全で高品質だと言われています。その理由とは、水の中に細菌や微生物が棲めない状態が整えられ、徹底された清潔さを保っているからです。

しかし、その徹底された清潔さが現代人の身体に悪さをしている事も事実です。

水道水に含まれている殺菌効果のある塩素などが、人の身体に良い働きをしてくれている菌を殺菌している可能性があるのです。

既にご存知の方もいるかもしれませんが、便の構成を分解してみると殆どが細菌で、その細菌達が人の免疫力を助けてくれています。人の身体に良い働きをしてくれる細菌達が、人の腸の中などに棲みつき人と共存しているという訳です。

知らない方からしたら初めてのことなので驚かれるかもしれませんが本当です。そこでお伝えしたいのは、人の免疫力を助けてくれている菌達を殺菌しない為に、水道水を控えてほしいということです。

飲み水は水道水ではなくミネラルウォーターか、または濾過された水を飲むようにしましょう。

体温に近い温度の水分を摂る

人の身体の中にある小腸や大腸は、食事から得た栄養や水分を吸収する大切な部分です。そして便を外に押し出すための役割や免疫にも強く影響がある重要な部分です。

そこでお伝えしたい内容とは、体温に近い温度で水分を摂るようにするというものです。なぜかといえば、冷たい水分よりも暖かい水分であれば、腸の活動を元気にしてあげられるからです。

小腸や大腸には活発に機能する適した温度があり、それは体温に近い36度から37度と言われ、腸が活動しやすい温度を保ってやることで、痔瘻の再発予防、便秘や下痢といった症状も避けられます。

また排便時もスルリとウンチを出すことにもなるので、力まずに済むことや肛門周囲の傷に負担をかけることも無いので、傷の回復を促進させる効果が期待できます。

他にも新陳代謝が上がり排便の回数も増えますので、体重も低下することになり健康増進にも結びつきます。

一日に必要な水分量を飲むと傷の痛みを軽減できる

1日に必要とされる水分を摂取すれば便が柔らかくなる効果が期待できるので、小まめに水分を摂ることをお勧めします。一度に大量の水を飲んでしまうと下痢になって再発する可能性を高めてしまうので、少しずつ飲むようにして下さい。

私の失敗談を例にお伝えすると、水分が足りなければ硬い便を作り、排便時にせっかく閉じかけていた傷口をもう一度開く羽目になります。そうなると大量の出血や強い痛みを味わってしまうので、本当に水分は大事だとお伝えしたいと思います。

まとめ

痛みを軽減することや傷の回復にも影響を与えるので水分の摂り方は大切です。是非とも実践してみて早期回復に繋げてみて下さい。

最後に、痔瘻の苦痛を取り除く効果がこの記事にあれば書いて良かったと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告