痔瘻の術後の傷の回復を促進させる食事内容

痔瘻の手術後にどんな食事管理が必要なのか?

その疑問にお答えする内容をお伝えしていきたいと思います。

痔瘻を経験者した私から

痔瘻の再発防止や傷を早く癒すために、役立つ内容をお伝えできればと思います。

痔瘻の傷の回復を早める栄養素

痔瘻の術後は皮膚の再生能力を高めて、傷の回復速度を促進させることが大切です。

そのためまずお伝えしたいのは

皮膚の材料となるタンパク質を補う事と、ビタミンやミネラルの栄養素が欠かせないということです。

皮膚の細胞を作る材料がタンパク質で

細胞の回復効果を促進させるのがビタミンやミネラルです。

タンパク質といえば、動物性では魚やお肉卵、乳製品であるチーズや牛乳などで

植物性のタンパク質では大豆やブロッコリーなどの野菜が多く含まれています。

痔瘻の傷を回復させるための食事では、このようなタンパク質と

ビタミンやミネラルといった栄養素を含むものを食べる事が大切です。

痔瘻患者は動物性のタンパク質量を控える

先ほどお伝えしてきた内容では

タンパク質が必要ですとお伝えしましたが、一つ注意してほしい事があります。

その注意してほしい点とは、動物性のタンパク質を摂りすぎないことです。

その理由というのも

動物性のタンパク質を中心として過剰に食べ過ぎると

便秘を招いてしまい、水分の少ない硬い便を作る作用を招いてしまうので

排便を行う際に傷口に負担をかける事になってしまうからです。

タンパク質を摂取する事は、傷を癒すためには必要ですが

痔瘻の方にとっては、動物性のタンパク質であるお肉や魚を過剰に摂取するのは好ましい食品とはいかないのです。

さらに痔瘻という病気は免疫が弱っていることで罹患する細菌感染でもあるので

動物性のタンパク質を摂り過ぎるのは、免疫低下にも結びついてしまいます。

タンパク質をバランスよく食べること

先ほどお伝えした

便秘を招いて傷口に負担をかけてしまう可能性を軽減するためにも

量を控え適量を守って食べることをお勧めします。

牛肉、豚肉、鶏肉、などは過剰に摂りすぎないようにして

野菜も含めてバランス良く食べるようにして頂ければと思います。

そうして頂くことで、きちんと身体にタンパク質が吸収されやすくなり

また便秘にならない身体を作る事にもなるからです。

タンパク質を沢山食べても、全てが身体に吸収されずに排出されてしまいますし

野菜に含まれているビタミンやミネラルがないと、タンパク質が身体にも吸収されないといった理由もあります。

痔瘻になった当時の私は、タンパク質を中心にした食生活をした時期があったのですが

便秘になってお腹が張り、苦しい日を過ごす事がありました。

排便があった日を迎えた時は、お腹に力を入れて力んだため

傷口が開いて血が沢山出たのを思い出します。

昔の私のような失敗を繰り返さないように、是非タンパク質と野菜をバランス良く食べて頂ければと思います。

植物性タンパク質で注意してほしい事

動物性のタンパク質についてお伝えしてきた続きとして

植物性タンパク質である、豆類についてもお伝えしたいと思います。

お伝えしたい内容というのは

植物性のタンパク質は身体にとって吸収率が悪いという事です。

その理由というのも、植物性のタンパク質は食物繊維が多く

タンパク質のバランスが良くないからです。

大豆製品の中には水に溶けない方の食物繊維が含まれていますが

この食物繊維は、過剰に食べ過ぎると便が詰まり、排便時に痛みを強く感じてしまう原因ともなります。

大豆製品の代表といえば納豆で、水に溶けない食物繊維が沢山含まれていますが

摂取するのなら量を控えるか

ひきわりの方の納豆を私はお勧めします。

ひきわり納豆は外皮が剥いてあるので

水に溶けない食物繊維がある程度取り除かれているからです。

私が痔瘻になった時に植物性のタンパク質を食べる時は、ひきわりの納豆を選んで良く食べていたものです。

他にも植物性たんぱく質を摂取するのであれば、お豆腐や豆乳がありますので

これらの食品の場合では、食物繊維が含まれている量が少ないので

便秘に繋がるリスクを軽減する事ができます。

大豆製品とお米を一緒に摂る

豆類のタンパク質を摂る時はお米と一緒に食べることをお伝えしたいと思います。

細かい説明は省略しますが

お米と一緒に食べる事で、バランスの良いタンパク質を摂取する事ができるからです。

他の病気の為に、糖質や炭水化物の量を控えている方の場合は

ご飯の量を調整して食べて頂ければと思います。

そして私個人としてお勧めなのは、白米ではなく

玄米のお粥を食べる事です。

身体に優しく、白米よりビタミンやミネラルが多いからです。

また、水分も摂れるのでお通じにも効果的となります。

プロテインで代用できる人は活用する

次にお伝えしたい内容は、プロテインを代用するというものです。

どうしても魚やお肉、大豆製品を摂ることが難しいという方にはお勧めの取り組み方です。

私個人としてお勧めのプロテインは

純タンパク質であるプロテインで、なおかつ果糖や砂糖(ショ糖)が混ざっていないものです。

なぜかとお伝えしますと

果糖や砂糖(ショ糖)は便秘を招く原因を作ってしまうためです。

また、ミネラルの亜鉛が含まれているものもお勧めです。

なぜなら、亜鉛は皮膚の再生速度を促す作用があり

タンパク質と亜鉛の組み合わせで、より傷の回復を早めてくれます。

ライスプロテインの場合

もし玄米から抽出したライスプロテインをお持ちの方なら

リシンのアミノ酸も一緒に摂っていただければと思います。

ライスプロテインを持っている時点で

アミノ酸スコアのことについて詳しい知識をお持ちだと思うので、ここでは詳細を省きますが

現時点で持っているプロテインを大いに役立てていただければと思います。

ビタミンやミネラルで傷の回復を早める

先ほどお伝えした内容と似ていますが

痔瘻の方にはタンパク質の他にも、ビタミンやミネラルが重要であるということもお伝えしたいと思います。

痔瘻の傷を早く治すためにも、なぜビタミンやミネラルが重要なのか?

その理由は

タンパク質を摂取すると同時に、ビタミンやミネラルを一緒に摂取する事で相乗効果が生まれるからです。

複数の栄養素が互いに助け合って

体の中できちんと栄養に変換される仕組みが、ビタミンやミネラルといった栄養素に含まれています。

一つの栄養素だけ摂っても体の中で吸収されなかったり

上手く機能しないこともあるのですが

ビタミンやミネラルの含まれている食品とタンパク質をバランス良く食べる事で

痔瘻の傷を回復させ、尚且つ苦痛を軽減する事にも結びつきます。

バランス良く偏らない食事を心がける

これまでお伝えしてきた内容から

一つの食品に偏らずにバランス良く、適切な量を守って食べる事が

痔瘻の方の弱っている身体にとって、適切なケアになると思います。

また、一つの食品ばかりに偏ると食事を楽しめないばかりか

傷の回復を遅らせてしまう事にも繋がるので

徹底して張り詰めるような食生活を送らないことも大切だと私は感じます。

痔瘻の治療中は痛みや熱などで苦しんでいる最中ですので

そんな時こそ食事から楽しみを見出し味わうことも大切です。

心の健康に繋がる事は、身体の生理的な神経のバランスを保つ事にもなるので

バランス良く食べて食事を楽しみ、痔瘻による症状の緩和に結び付けて頂ければと思います。

まとめ

傷の回復を促進し

元気な身体を取り戻すための効果がこの記事にあれば幸いです。

参考にして頂ける部分があれば、是非とも試してみてもらえればと思います。

関連記事

こちらでお伝えしてきた内容と関連している記事のご紹介です。

身体の中に摂りこむ食品を工夫する事で

身体の苦痛を取り除く事に結びつくので、役立てて頂ければと思います。

痔瘻の術後の痛みを軽減し、再発を予防する水分の摂り方とは?

痔瘻に効く食べ物の中でもお勧めする食品とは?

お勧め記事

こちらの記事は、痔瘻に関する記事を一覧にしてまとめた内容です。

気になる所からお好きな様に読んでみてもらえたらと思います。

痔瘻についての記事まとめ。痔瘻に関する記事12選

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告