【頑張る方を応援】学習やスキルを伸ばし、パフォーマンスを向上させるためにお勧めしたい本

こちらでご紹介したい本は、私が絶対に役立つと思っている書籍の中の一冊です。

自分のパフォーマンスを向上させたい方

時間の扱い方を把握して、能力やスキルを発揮させたい方

自分自身の限られた時間に対し真剣に向き合いたい方

現状から抜け出し、より良い方向に進めていきたい方

自分自身の時間のスケジュールを管理したい方

バッチリ上記に当てはまる方にはお勧めの本だと思いますので、もしまだ読まれていなければチェックして頂けたらと思います。

時間の使い方を科学する

ご紹介したい本のタイトルは、「時間の使い方」を科学するという書籍です。

少し本の内容を解説してみますと

「人の心理的な側面や身体的に備わっている特性にアプローチすると、時間をうまく管理することが出来ますよ」と書かれています。

また、どのように自分の時間をカスタマイズすれば、身体や心の働きによる特性がどのように能力に影響を与え、効率的に自分の能力を発揮させることができるかも述べられています。

無駄が少なく効率的な時間の使い方を可能にする取り組み方が解説されていたり、他にも身体と精神の健康面に関する内容も述べられています。

人の代謝や感情的な働き、体に備わっている周期性のパターンなどが人の能力の増減に関与しているなど、幅広く応用できる知識が満載となってなっています。

人に備わっている習性や特性からどうのような変化があるかを知ることが出来るので、今取り組んでいる取り組みの改善にもきっと役立つと思います。

こちらの本に書かれている内容は、学びだけに留まらず仕事や生活の中でも幅広く応用できるヒントが含まれています。

例えば少しだけ内容をお伝えすると、人の体温が変化する時間帯の中で、どのタイミングが論理的な思考を向上させるかや

作業を行なってもしっかりと成果を出せるかどうかは、時間帯によって左右されてしまうといった事が書かれています。

自分の生き方についても考えさせられる内容でもある

「時間をどうのように扱うかを考えることは、自分の生き方を考えるということでもあります」と、述べられてもいます。

私はその文章を読むと自分のパフォーマンスを向上させる目的で読んでいた意識から、自分には時間が限られているという事実があることにハッとさせられました。

また、セネカという方の「生の短さについて」という、かつて読み終えた本の内容の記憶が思い起こされもしました。

日常生活の中で当たり前のように過ごしていると、自分の時間がずっとこのまま続くと錯覚してしまうことに気づいてしまいます。

そして他にも思ったことは、誰もが私も含めて同じように時間は限られていて、必ず終着点があるという事。

そして、その貴重な時間の中から自分の思う通りに生きようと、もがいて頑張って取り組み続けているんだなと考えたりもします。

自分のパフォーマンスを伸ばし、時間を自分の為に扱えるヒントがそこにはある

私が読んだ後に感じたり考えたりしたことは

学習を通して学びを向上させたり、スキルや能力を伸ばしたりする効果を発揮させる効用が、こちらの本には秘められているという事です。

たった一冊の本ですが、自分自身という人間の能力を存分に発揮させ、かつ時間というものを自分に効率よく扱わせる事にも結びつけてくれるとも感じます。

今は手元に置き何度も読み返したくなる本として、電子書籍の本棚に消去されずに残されています。

まとめ

是非ともすぐに行動してみて、立ち読みや試し読みでもいいのでチェックして頂けたら幸いです。

私の書いた文章が、あなたの備わっている能力を発揮させ、スキルや学び、パフォーマンスなどの向上に結びついたのなら嬉しく感じます。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告