常識に疑問を持つために大切なこと

常識に疑問を持とうとしても、うまく考えがまとまらないことはありませんか?

考えれば考えるほど、答えが出てこないこともあると思います。

この記事は、そんな悩みを解決するためのヒントになればと思い書いてみたものです。

今までの自分がいた環境から離れてみる

長い間自分がいた場所から一定の時間や距離を置くと

今までの自分の考え方や行動が、常識から強く影響を受けていたことに気づきます。

別の環境に移ることで、以前自分がいた環境と比べることができ

違いがハッキリと自覚できるようになるからです。

同じ環境に長い間自分をとどめておくと、限定された環境の範囲内でしか通用しない常識に気づけません。

行動に移してみる

自分が狭い常識にとらわれていることは、別の環境に移ってみないと自覚できない事がわかりました。

そうしたら次は行動に移してみるだけです。

しかし、いざ行動に移してみようとすると中々一歩が踏み出せないと思います。

なぜなら、人は同じ行動を繰り返してしまう習性があるので

染み付いてしまった行動を変える事に抵抗感が生まれてしまいます。

ですが、だからといって行動を変えることは不可能ではなく

はじめの一歩さえ踏み出してしまえば割と簡単に出来てしまいます。

心の動きが、行動に促すためのチャンス

本当に今の環境から抜け出したくて、居ても立っても居られない気持ちなら

苦しい気持ちの状態から抜け出すためにも、思い切って踏み出してみてください。

苦しい気持ちの状態とは、見方を変えれば環境を変えるためのチャンスです。

その環境にいてはダメだというサインを示してくれています。

そして、その時のチャンスを逃してしまうと、再び同じチャンスが来るとは限りません。

なぜなら人は慣れてしまうと、心も同じように慣れてしまい

嫌で嫌でたまらない気持ちだったとしても、慣れてしまうことで苦痛を感じなくなってしまうからです。

そうなると、嫌な環境に自分をずっと留めてしまうことになります。

そのため、自分の心の動きが強く強く働いていると感じるのなら

そのチャンスを逃さないためにも、思い切って踏み出してみることが大切だと思います。

行動してから考えてみることも必要

「考え過ぎてしまうと身動きが取れなくて、ただ時間を浪費してしまった」

なんてことはありませんか?

行き当たりばったり、無計画は良くないといいますが

時と場合によっては、先に行動に移してみてから考えてみることも大切だと思うのです。

常識から抜け出してみるには、先に環境を変えてみてからではないと

今いる環境と別の環境との比較ができないため

今いる環境の中で考えたとしても、自分がとらわれている常識に気づくことができません。

今いる環境の中で考えるだけでは、答えは見つからないのです。

まとめ

人は比較をすることで、そこから発見や気づき、疑問を持てるのだと思います。

常識という概念も同じく、環境を変えてみることで別の常識と出会い

以前の環境の常識と、今いる環境の常識を比べることができます。

そのため比べてみてはじめて、常識とされる考えに疑問を持つことができると思うのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告