蜂窩織炎をほっとくとどうなってしまうのか?

このブログでお伝えしている内容は

蜂窩織炎(ほうかしきえん)をほっとく(放置)すると

どうなってしまうのか?についてお答えしています。

過去に私も蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した経験も踏まえて

役立てられる内容をお伝えできればと思います。

自然治癒で治せる可能性が低い

まずお伝えしたいのは

蜂窩織炎の病気は自力で治せるような病気ではないので

必ず病院で治療をしてもらわないといけません。

私の場合では症状が悪化し、大変な目にあって緊急搬送されました。

始めの軽い症状が出始めた頃は、ただの風邪だと考え

自宅で身体を休めていたのですが、一向に症状が回復せず

最終的には病院へ緊急搬送されるほどの重症となってしまったのです。

蜂窩織炎は細菌感染症でもあるので

早い段階の治療であれば飲み薬である内服薬で体を回復させることが可能でして

治療期間も短時間で済む傾向となります。

治療費の負担を軽減することもできれば、苦痛の度合いも軽微で済むので

早ければ早いほど最悪なケースを避けられます。

放置し続けると本当に命が危ない

蜂窩織炎は初期段階では風邪の症状とよく似ているので

私と同じように、安静にして眠って治そうとするかもしれません。

当時、蜂窩織炎を罹患した私もまさにそのパターンに当てはまりました。

しかし、蜂窩織炎を放置し悪化した私からお伝えしたいのは

放置せず、軽症の段階で病院での治療に取り組んでほしいということです。

蜂窩織炎が悪化してしまう症状

こちらからは私を例にして、悪化していく過程をお伝えしていきたいと思います。

蜂窩織炎を発症した初期は足が赤みを帯び

少し倦怠感を感じるといった症状だけで、体温を計っても熱はありませんでした。

私は、「これは風邪だな」と思って風邪薬を飲み自宅で安静にしていたのですが

それから3、4日経っても一向に良くならなかったのです。

それから急に症状が悪化し

体全体に赤い斑点のようなものが出現し

手足が腫れて熱を持ち、肌に触れるだけでも痛みを感じるようになります。

歩く時も意識が朦朧としてフラフラとなり

足を床に着けるだけでも、足裏に痛みを感じてしまうのです。

そして熱を計ると、39度台です。

熱はあるのに寒く感じ、体が震えるという症状にまで深刻化していきます。

さすがにもうここまでくると、これはただの風邪じゃないと気づきます。

このように

「これは病院に行かなければ危ない」と実感してしまう段階は

本当に身体が危険な状態であるということを、強くお伝えできればと思います。

蜂窩織炎を放置してしまうと

身体が思うように動かなくなるケースに発展する可能性が高いので

下手をすると通報して救急車を呼ぶ羽目になることもあります。

緊急入院をする羽目になり2週間ほどの入院となる

蜂窩織炎を罹患した当時の私は

自力で歩くことが困難になり、知人に電話で連絡を取り病院に搬送してもらいました。

その時は、119番通報して救急車を呼ぶことも考えたのですが知人を頼ることにしました。

病院に着くと車イスが用意され、病院内を車イスで移動することになります。

病院の職員さんが私の症状が危険な状態だと察知し

順番待ちをしている方を飛ばし、診察を優先してくれます。

そして医師の診察がすぐに始まり、自分の症状を診断し、血を抜かれて血液検査をされます。

その診断結果において、医師から伝えられた言葉が

「数値が異常な数字を示しているから、即入院してください」

「抗生物質をすぐに投与します」

と、本当に危険な状態だから、即入院してくださいと伝えられます。

問答無用で即入院です。

私はこのような流れで緊急入院をすることになり

約2週間ほど病院で過ごすことになりました。

私が蜂窩織炎を発症してしまった原因

私が蜂窩織炎を発症してしまった原因をお伝えしてみようと思います。

読者の方の中にも、私と同じようなケースに当てはまる方がいる場合では

迷うことなくすぐ病院へ診察に足を運んで頂ければと思います。

まず私がどのようにして蜂窩織炎になったのか?その原因をお伝えすると

転んだ拍子に膝を擦りむいた傷口から、細菌が入り込んだことが原因でした。

なぜその原因が特定できたとお伝えしますと

膝の傷口の周囲の皮膚が、醜くただれていたからです。

蜂窩織炎は細菌感染症なので

身体に悪さを働く側の菌が、膝の傷口を入り口として身体の中に入り込んでしまったのです。

免疫力の低下も原因の一つ

他にも身体の免疫力が低下していて

細菌が全身に感染してしまうのを防げなかったのも原因でした。

ほんのちょっとした膝の擦り傷が体の中へと侵入する入口となり

体の免疫力が弱っていたことも重なり、蜂窩織炎を発症させてしまったのです。

免疫力が低下していて、かつ身体のどこかを怪我してしまうと

蜂窩織炎を発症させてしまう原因を作り上げてしまうのです。

まとめ

蜂窩織炎を放置してしまうと、どのような症状になってしまうのか?について

私の経験談も交えてお伝えしてみました。

「蜂窩織炎かも」と、疑いのある方

放置して自然治癒で治そうと思う方には

私のような失敗を繰り返さない様、こちらでお伝えしている内容を役立てて頂ければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告