ネットサーフィンで暇つぶしサイトを探している時間なんてない

「ネットサーフィンをする時間や、暇つぶしサイトを探している時間は私には無い」と考え

ネットサーフィンを辞め、暇つぶしサイトを視聴しないようになった理由について

私の経験を交えてお伝えしている内容となっています。

夜によくネットサーフィンをしてしまう方や

暇つぶしのサイトを視聴してしまう方に役立つ内容となれば幸いです。

自分のこれまでを振り返る機会に後悔したくないから

一つめの理由をお伝えすると

もう後悔したくないから。または、後悔してしまったからです。

私は目的や目標が定まると、達成するために行動に移すのですが

そんな最中に、時間が足りないと感じたり、もっと時間が欲しいと考え

そんな状況の中で、これまでの自分を振り返った時に

どうしてネットサーフィンや暇つぶしのサイトを視聴し

これまで無駄な時間を過ごしてきたんだろうと本当に強く後悔したのです。

時間が足りず、時間が欲しいと思う時に

これまで無駄にしてきたあの時間が今あったらと思ってしまうのです。

私は、時間を無駄にしてきてしまったと強く後悔したくないから

ネットサーフィンや暇つぶしサイトの視聴を辞めたのです。

何も得られず、現実は何も変わらないから

次にお伝えしたい理由は

私にとって得るものが無く、現実は何も変わらないからというものです。

唯一得られるものは、一時的な楽しさを味わえることですが

長くは楽しめないし、満足感も心の底から充実する喜びには全く届かないのです。

そして、ネットサーフィンや暇つぶしサイトを検索するケースの多くは

目的意識や目標が無いので

例え自分にとって有益なものがあったとしても、見抜いたりそこから汲み取ることが出来ません。

そうすると何も得られるものが無く、ただ時間を垂れ流す行為にしかならないと思ったのです。

そして、現実に戻っても何かに反映して自分の生き方が良くなったり

改善されることもなく

現実に対して失望する自分を作り上げてもしまい

ただの現実逃避でもあると思い至るようになります。

このようにネットサーフィンを辞め

暇つぶしサイトを視聴する時間はないと思い至った理由は

自分にとって何も得るものが無く、ただの現実逃避でもあると気付いたからでもあるのです。

明日のチャンスをふいにする

次にお伝えする理由は

明日のチャンスをふいにするという点です。

私は、ネットサーフィンをしたり、暇つぶしのサイトを視聴することは

明日に起こるチャンスを逃してしまう事に結びつくことを実感したため

「ネットサーフィンをする時間や、暇つぶしサイトを探している時間は私には無い」と考えるように至ったのです。

私の経験を交えて実感した内容をお伝えしてみると

たいがい、ネットサーフィンをしたり

暇つぶしのサイトを視聴したりするのは夜の時間帯に起こり

1日を終えて疲れているにも関わらず、更に眼と脳を疲れさせ

次の日に疲労を残したまま活動する事があったのです。

そうすると、いくら活動しても疲れているので成果も少なく

頭も疲れているのでモチベーションも低下し

自分の目の前にチャンスが訪れたとしても、掴み取ることを躊躇し

今は辞めておこうと考え、一歩踏み出せなかったのです。

その日の自分がまったく使いものにならない

このように

夜にネットサーフィンをしたり暇つぶしのサイトを視聴してしまうと

眼や頭の疲労を明日に持ち越してしまうので

自分がまったく使いものにならない症状を作りあげ、その日という時間を無駄にしてしまったのです。

昨日と今日が同じだと錯覚させる

他にも、眼と脳の疲れを次の日に持ち越してしまうと

昨日と今日が同じだと錯覚させてしまうことを経験します。

本当は、昨日と今日という日は全く異なる時間で

新しいチャンスが起こる確率も違えば

新しい気づきのある学びの種類や数も違うはずなのに

昨日と今日がまるで同じ時間として錯覚してしまうのです。

毎日を同じ行動パターンやルーティンで過ごしていると

昨日と今日が同じ時間ではないことを忘れてしまう面もありますが

夜のネットサーフィンや暇つぶしサイトを視聴して

眼と脳を疲れさせるよりかは、幾らかは気付きやすいと感じます。

私がネットサーフィンを辞め

暇つぶしサイトを視聴しないようになった理由の三つ目は

眼と脳を疲れさせて、自分を使いものにならない状態にしてしまい

明日に起こるチャンスが掴めないことが嫌になったからというものです。

まとめ

ネットサーフィンを辞め

暇つぶしサイトを視聴しないようになった理由についてお伝えしてみましたが

読んで下さった方はどう思われたでしょうか?

ここに書いてある内容は

私の失敗や後悔した事も含めているので

私と同じようにならないよう役立てて頂ければと思います。

関連記事

こちらでお伝えしている内容は

ネットサーフィンの危険性について書いている内容です。

ネットサーフィンをついついしてしまう方に役立つ内容だと思います。

ネットサーフィンの危険性。依存症もあり、楽しいのはその時だけで終われば疲れるだけ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告