読書をする場所でファーストフード店やファミレスを避けた方がいい理由とは?

外で読書をしたいと考えたとき、座って読める場所を探したことはありませんか?

お金をかけずに座って読める場所を選ぼうとすると、とっさにファーストフード店やファミリーレストランといった場所が候補として浮かんでくるのではないでしょうか?

しかし、ファーストフード店やファミレスといった場所で読書という行為は避けた方が良い理由をお伝えしてみようと思います。

こちらでお伝えしている内容が外で読書をするのに向いている場所を探す為、役立てて頂ければと思います。

食べ物の匂いが集中力を奪うから

私が読書をする場所として避けるべきだと考えている一つ目の理由は、食べ物の匂いによって集中力が奪われるからです。

匂いを嗅ぐ事で頭の中で別のイメージを想起してしまい、目の前の本から意識が逸れてしまうのです。

匂いを頼りにして別の記憶が思い起こされ、本を読んでいる途中で美味しそうな匂いに思考が奪われてしまうのです。

そうなると読書に傾ける集中力を失って、本の内容が全く頭に入ってこないばかりか読み解く力が低下してしまいます。

私の場合では、食べ物の匂いを嗅いだ際に、食べた場所や誰と一緒に食べていたかといった事を思い出し

その時に交わした会話の内容を振り返ったりしてしまうので、読書中の所々で意識が飛んでしまうのです。

食べ物の匂いというのは、目の前の本に集中出来ない状態を作ってしまうので

ファーストフード店やファミレスという場所は、読書をする場所としては向いていないと思うのです。

マナー違反である事を内心では気づいていて、心が落ち着けられないから

次にご紹介する理由は、心を落ち着かせて読書を行えないからです。

内心ではマナー違反である事に気付いていて、いつ注意されてお店から退店を促されるか気がきではなくなり、落ち着いて読書を行えないのです。

ファーストフード店やファミレスという場所はもちろん食事をする場所であって

本来は読書を行う場所ではありません。

そのような場所で読書をするこちら側はマナー違反でもあり

いつ注意されるかとひやひやしながら読む事になるので、読書をする場所としては不向きとなります。

食事をする音と、お客の会話に意識が奪われるから

次の理由は、食事をする音やお客の会話というノイズに意識が奪われてしまうからです。

気にならない人は意識しないのかもしれませんが

私の場合では、食品を包んでいる包装紙を開けるカサカサとした音だったり

ナイフやフォークといったカトラリーが、お皿と擦れあって生じる音がとても耳障りに感じるのです。

他にも、口を開けて咀嚼しているくちゃくちゃとした音にも反応し、気になって仕方がなくなります。

そして、他のお客の会話の内容に耳を傾けてもしまいやすいので、読書に集中できずに意識があちらこちらと飛んでしまうのです。

これらの音が店内では聞こえてしまうため、本を読んでも目で文章を追うだけとなってしまい、肝心な内容の理解に努める事が難しくさせてしまいます。

子供の言動に意識が飛んでしまうから

次の理由は、小さな子供の言動に意識が飛んでしまうからです。

私の場合では、子供が店内で大きな声で騒いだり走り回ったりすると、意識がそちらに飛んで読書に傾ける集中力が途切れてしまうのです。

また、食器を床に落とす音が聴こえてきたり、食べ物を手で掴んで投げる光景が見えてしまう事でも、意識が飛んでしまいます。

ファミリーレストランやファーストフード店は、子供の客層が多く親と来店する機会も多いものです。

そのような場所でもある事を考慮すると、やはり読書をする場所としては不適切だと考えられます。

店員を気にしてしまうから

次にお伝えする理由は、店員さんを気にしてしまうからです。

ドリンクのみを注文してお店に長居する場合では、お店に迷惑になる事も考え

店員さんが店内を行き来する毎に気にしてしまうというものです。

私は間隔を置いて注文しながら読書をした事があるのですが

それでも二時間も三時間も長居すれば、嫌でも店員さんの目を気にしてしまい、落ち着いて読書をするなんて事は不可能でした。

親切な店員さんは「忙しくない時間帯や曜日を選んでくれたら問題ないですよ」と、おっしゃってくれもしましたが

仕事の邪魔となって申し訳ないと思うこともあり、それからはお店で読書をすることは無くなりました。

お店や店員さんに申し訳ないという気持ちから、店員さんに気を配ってしまうので読書が捗らないのです。

ゆっくり読書ができる場所ではない

ファーストフード店やファミレスという場所は、読書をする場所としては不向きである理由をご紹介してみました。

こうしてお伝えしてみるとファーストフード店やファミレスという場所は、集中力を奪う要素が沢山詰まっている事を再認識させてくれます。

ゆっくりと読書ができる場所を選ぶには、候補としては外すべきでもあります。

こちらでご紹介した内容をもとに、読書に向いている場所を探す為の参考となればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告