読書で目が疲れる。そんな悩みを解消するには?

「読書をしていると、どうしても目が疲れてしまう」

そんな悩みを解消したい方に

私が実践している方法をお伝えしてみようと思います。

併せて、目が疲れ難い状態を整えるためにも

便利なアイテムもご紹介できればと思います。

試してみようと思える部分があれば、参考にして頂ければと思います。

適度に休憩を挟んで、目を休めてあげること

初めにお伝えしたい方法は

適度に休憩を挟みながら読むという取り組みです。

読書を続けてするのではなく

適度に休憩を挟んであげることで、目に疲労を蓄積させない効果が期待できます。

このちょっとした些細な工夫ひとつで

読書で目が疲れてしまう症状を解消してくれるんです。

この方法が効果的な理由というのも

集中して読むことにより瞬きをする回数が減り

目が乾燥してしまうことを防いでくれ

なおかつ、張り詰めている目の周りの筋肉を適度に緩めてあげる事ができるからです。

実際に私もこの方法で読書を実践していますが

適度に休憩を挟む事で、集中力も回復できます

読了後の目の疲れもあまり感じないので、読書後の活動にも差し支えがないという効果も実感しています。

目を疲れさせないという他にも

本の内容を読み解こうとするパフォーマンスも回復する効果があるなと感じてもいます。

適度に休憩を挟みながら読むことは

目に対する疲れを感じさせない効果が期待できるのです。

タイマーで時間を測り、休憩時間を確認する

適度に休憩を挟みながら読む方法をお伝えしましたが

どうしても読書に集中していると時間を忘れてしまい

休憩時間を過ぎてしまったという事態が起こりがちです。

実は何を隠そうこれは私のことで

よく休憩時間を過ぎてしまったという失敗をしていたのです。

そこで私と同じような失敗をしないためにお伝えしたいのは

休憩時間を知らせてくれるためにタイマーを活用するという提案です。

休憩時間になったら知らせてくれるように、事前にタイマーをセットしておけば

休憩時間が迫って来る事を気にせず読書に集中できますし

休憩時間を過ぎてしまう失敗も無くなります。

私は読書をするために、タイマーを使うという取り組みを実践し続けていますが

今ではタイマーが無くてはならないものとなっています。

それほどタイマーの効果を実感しているという事でもありますね。

まだタイマーを使っていないよという方は

騙されたと思って試してみて貰えたらと思います。

きっと読書に欠かせない最高のツールになると思います。

お勧めのタイマーアプリをお伝えしてみる

こちらでは私が使用しているタイマーのアプリをご紹介してみようと思います。

私が使用しているアプリはタイマー & アラーム ListTimerです。

‎ワンタップでタイマーセット。終了時刻表示で何時に終わるかすぐわかる!ロック中も通知で知らせます。 ●タイマーセットが爆速 プリセットされた時間をタップするだけでスタート。起動したらスクロールとタップ、これだけです。 ●終了時刻を表示 5分後のタイマー終了は何時何分だっけ?と計算する必要なし!終了時刻から選んでタイ...

とてもシンプルで、音ではなく、バイブレーションで知らせてくれる設定が可能なので

タイマーの音にビックリしてしまう私にとっては、とても大助かりなタイマーです。

バイブレーションで知らせてくれる機能も、オフラインでも使えます

タイマー機能を止めるまで繰り返し知らせてくれるので

タイマーに気づかないということもありません。

カフェや図書館といった公共の場で読書をする方にも

他の方に迷惑をかけないのでお勧めのアプリです。

使った事がない方は

操作が簡単で無料のアプリなので、一度は試してみる価値アリだと思います。

目に与える光の量を調整すること

次にお伝えする方法は、目に与える光の量を調整するという取り組みです。

目に与える光の強弱を調整してあげると、読書で目を疲れ難くする効果が期待できます。

目に与える光の量を調整してあげる事が、どうして目の疲れを軽減するのか?

その理由について詳しいメカニズムは、他の専門家の方に譲るとして

簡単に理由をお伝えしてみれば

光の眩しさを調整してあげる事で、強い光の影響による目の負担を軽減できるからです。

私を例にしてみると、部屋の照明を白色ではなく暖色に変えたり

デスクライトでは、色が暖色に変えられるもので

光量も調整可能なものを選んで使用するようにしています。

他にも、電子端末で読書をする際にも、光の量を絞って読むようにしています。

私がこのような取り組みの効果をハッキリ自覚する場面をお伝えしてみると

朝起きたときの目覚めるタイミングです。

この方法を試してみる前までは

いつも朝は目が重く乾燥しがちで、酷い時には痛みがあり目が開けられない事もあったのですが

それが今では全くと言っていいほど悩まされる機会が激減したのです。

読書で目の疲れを感じさせないようにする事もそうですが

朝の目覚めを楽にする効果も期待できるので、一つで二度美味しい結果を得られます。

紙と読書専用の電子端末を使い分けること

この項目でお伝えする方法は

紙と読書専用の電子端末を使い分けるという取り組み方についてです。

紙と読書専用の電子端末を使い分けて読書を行う事が

どうして目の疲れを解消するのか?

その理由をいくつかお伝えしてみると

読書専用の電子端末では

小さな文字を大きな文字に拡大して読めるので目の負担を減らせますし

先ほどお伝えした、光の眩しさを調整できる機能があるからでもあります。

そして、ブルーライトが無いので紙と同じように読め

目に強く負担をかけることも無いからです。

私を例に、目の疲れが軽減された他の面についてもお伝えしてみると

文庫の紙の本で、文字が小さすぎて読みにくいものがあったりすると

目が疲れてしまう機会が多かったのですが

読書専用の電子端末に切り替え、文字の大きさを自分の好みで調整する事ができると

目の負担が軽くなりばかりか、目の周りの腫れぼったくなる症状も解消されたのです。

また、パソコンやスマートフォンではブルーライトカット機能を使用しても

完全にブルーライトを取り除く事ができないので

どうしても目の負担となってしまっていましたが

紙のように読めて、かつブルーライトそのものも発生してない電子書籍端末を利用すると

いくら寝ても目の疲れが取れないといった悩みが解消されたのです。

このように紙の本と読書専用の電子端末とを使い分けると

読書で目が疲れてしまうという症状を軽減する以外にも、多くの効果が得られます。

電子書籍端末のお勧めは、kindle paperwhite

こちらでは電子書籍の端末をご紹介してみようと思います。

実際に私も使用している端末で、Amazonから販売されている

Kindle Paperwhiteというモデルです。

2018年新モデルのKindle Paperwhite (第10世代) に買い換えて良かった点をレビュー

以前の旧端末と比較したレビューです。良かったら参考にして頂けたらと思います。

それでは私も使用している、kindle paperwhiteについてお伝えしてみようと思います。

この端末は、紙のように読みやすいディスプレイで

直接目を照らさないライトなので目に優しく

長時間の読書でも疲れにくいように設計されています。

私も読書専用のKindleを使う前までは半信半疑だったのですが

かなり目の負担を軽減してくれます。

そしてしっかりと防水機能もあるので

私の場合、コーヒーをこぼしてしまった事がありましたが

全く問題なく壊れることはありませんでした。

重量も結構軽いので外に持ち出すときも苦にならなければ

バッテリーも一度充電すれば数日は保つので

頻繁に充電することも無く管理が楽だと実感しています。

私個人としても、この端末を使用する理由の一つに

読めない漢字を直ぐに検索して調べられるという事が挙げられます。

まだまだ読めなくて意味が分からない漢字もあるので、大変重宝している機能です。

初めて電子書籍の端末を使ってみようとお考えの方は

候補の一つとして参考にして頂ければと思います。

個人的には広告なしのwi-fiモデルがお勧め

この端末は、広告があるモデルと、広告なしのモデルがあり

それからwifiのみのプラン

wifi +4Gのプランのどちらかを選択できるようになっています。

私がお勧めするのは、広告なしで、wifiのみのモデルです。

広告なしのモデルを選ぶ理由というのも

余計な広告を見ている時間を無くすことや、読書に集中できる環境を整えられるからです。

私は自宅にインターネットの環境があり、wifiを飛ばしているのですが

私と同じような環境であれば、このモデルで十分だと思います。

ただ、使用する方の環境によっても、どの端末が適切なのかは変わってくるので

ご自身の使い方に合うモデルを選んで頂ければと思います。

パソコンやタブレット、スマートフォンといった端末では読書を控える

電子書籍端末の話題つながりで次にお伝えするのは

パソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末では読書を控え

目の疲れをきたさないようにしている工夫についてです。

どうして上で挙げたような端末で読書を控えると

目の疲れをきたさないのか?

私なりの失敗も含めて理由をお伝えしてみると

ブルーライトの影響を受けない事もそうですが

インターネットに接続しているこのような端末を控える事によって

ついついネットサーフィンをして時間を浪費し

目を疲れさせてしまう症状へと発展させないための防止策を立てられるからでもあります。

読書専用の電子端末を利用する前まで

私もアプリ等を利用し読書をしていたのですが

SNSやメールの通知が気にってチェックしてしまったり

読書中に気になる知識に触れた時に、すぐさま検索をかけ

その後にそのまま気になるリンクを開き続けるという失敗を繰り返してしまった事があるのです。

そうなると読書どころでは済まず、時間を無駄にしてしまう事も頻繁に起こし

目を酷使するばかりで、ただ疲れるだけとなってしまうことを痛感したのです。

このような事態を起こしたくないし、目の疲労を軽減するための理由から

パソコンやタブレット、スマートフォンといった端末では、読書を控えるように工夫するように努めています。

補足として、私の本音を付け足すと

初めは読書専用の端末を購入する費用が勿体無いと感じたり

今ある端末で読めるのだったら、それで代用しようと考えたりしていたのですが

全く読書が進まないという点無駄に目を疲労させ

時間も浪費してしまう点などを考慮したら

やっぱり私にとって読書専用の端末は必要だと考え、購入に踏み切った次第です。

私と同じような失敗を避け、読書で目に負担をかけないように工夫するためにも

参考にして頂けたらと思います。

読書する環境を選ぶこと

読書で目を疲れさせない方法として、次にお伝えする内容は

ズバリ読書をする環境を選ぶことです。

読書をする上で最適であって、快適だと感じる環境に身を置く事で

目の疲労を感じさせない効果が期待できます。

読書をする最適な環境を選ぶ事が、どうして目を疲れさせないようにするのか?

その理由をお伝えしてみると

例えば、部屋が乾燥している場所で読書をしてしまうと

目が乾き易くなり、余計に疲れてしまう事もそうですが

先ほどお伝えした、目に与える光の量を調整することの側面からも考えると

光が眩しすぎる場所を選んで読書をしてしまうと

目に負担をかけ、疲れ易くさせてしまうという側面も考えられるからです。

他にも、どの媒体で読書をするのかも大事です。紙なのか?それとも電子なのか?

端末は、読書専用のものか?それともパソコンやスマートフォンか?

ここまで読んでくださった方なら

いかに読む環境によって、目の疲れの度合いが左右されるかお分かり頂けると思います。

ここで、私の失敗を例にして少しお伝えしてみると

エアコンのすぐ近くの場所で読書をしていた際

風が目に当たり赤く充血させてしまって、目にかなりの負担をかけてしまう事がありました。

この失敗は、読書をする環境を間違えたというよりも

読書を行う場所がたまたま悪かったということになるのでしょうか?

とまぁ、このように

環境だったり適切な場所で読書を行う事で、目の疲労を軽減する効果が期待できるので

ご自身にとって快適で目が疲れにくい環境を構築したり

適切な場所を探すためにも役立てて頂ければと思います。

まとめ

読書で目を疲れさせない方法として

これまで私なりに実践している内容をお伝えしてきました。

読書を行う上で目の疲労を軽減させるため

参考になりそうな箇所があれば

是非マネして試してみてもらえたらと思います。

関連記事

読書で疲れないようにするための関連した記事をご紹介しています。

読書をより楽しくし

読書から得られるものを最大限にするためにも役立てて頂ければと思います。

本の読み方のコツとは?

スマホ読書の疲れを解消する。お勧めのブルーライトカットメガネとは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告