読書に集中するために耳栓を活用したいけど、どれを選んだら良いのか?

「読書に集中するために耳栓を試してみたい」

だけどどのような耳栓を選んだら良いのか?

と悩んでいる方に向けて、私から役立てて頂ける内容をお伝えしてみようと思います。

ついでといってはなんですが

私がお勧めする耳栓についてもお伝えしている内容となっていますので

読書に集中するために自分に合った耳栓を見つけるためにも、是非参考にして頂ければと思います。

耳栓に求める機能を始めに決めておく

まずお伝えしたいのは

自身が耳栓に求めている機能を、始めに決めておく事が優先事項という内容についてです。

どうしてかと言いますと

耳栓は安いものから高いものまで値段の幅が広く

機能もシンプルなものから複雑なものまであるので

読書で扱う耳栓に対して、どれくらいの予算まで出せて

どんな機能があれば良いのかを決めておかないと

お金を浪費してしまったり、機能を扱いきれなくて宝の持ち腐れとなってしまうからです。

私の失敗を例にしてお伝えしてみると

無駄に高スペックなものを選んでしまうと、機能がたくさんあっても一つの機能しか使わないという事が起こり

それなら最初からシンプルで安価な耳栓を選んでおけば良かったと後悔した事があります。

このような事もあり、読書だけに使用する目的として耳栓を購入するのなら

安価でシンプルなものが最適だと痛感した次第です。

私の場合では、ある程度の音が遮断でき、経済的に安価で済めばそれで十分だと思ったのです。

私のような失敗を避けて頂くためにも、読書に集中するために使う耳栓に対して

どのような機能があれば十分なのかを、初めの段階で決めるようにして頂けたらと思います。

耳栓を選ぶ基準について

ここからは、どんな耳栓を選べばいいのか?

その基準について役立てて頂ける内容をお伝えしてみようと思います。

自分の耳の形に合うかどうか?

始めにお伝えする内容は

自分の耳の形に耳栓がフィットするかどうか?という点が選ぶ基準の一つです。

どうしてかと言いますと

自分の耳の形に合わない耳栓を選んでしまうと

音を遮断できなくて読書に集中できなかったり

他にも耳を痛めて炎症を起こすというトラブルを招いてしまうからです。

私を例にしてお伝えすると

大きすぎる耳栓を使用していると、音を遮断する効果はあったのですが

代わりに耳にタコが出来てしまい痛みを感じるという症状に悩まされるという事がありました。

小さすぎる耳栓を使用していた場合では

音が遮断できないばかりか、耳栓を紛失してしまうという問題もありました。

このような問題に発展しないようにする事もそうですが

音をうまく遮断し、読書に集中するためにも

自分の耳の形に合う耳栓を選ぶ事が基準の一つです。

遮音性の表記から選ぶ

次にお伝えする内容は

遮音性の表記を基にして耳栓を選んでいくという点についてです。

耳栓のパッケージには遮音性を数字で示した表記がありまして

この表記は、音がどれぐらい遮断できるかを示しています。

NRR(ノイズ、リダクション、レイティング)

SNR(シングル、ナンバー、レイティング)

という指標があり

前者がアメリカ版で後者がEU版

それぞれの国で採用されている遮音性を示す指標とされています。

このアルファベット表記の後に数字が記載されていますが

両方ともその数字が大きいほど遮音性が高いことを示しています。

画像では少し見えにくいのですが

左側の黄色い耳栓のパッケージでは

左右にそれぞれNRR29、SNR33と表記されています。

右側のオレンジ色の耳栓だと

中央にNRR33、SNR37と表記されています。

騒音が激しい場所であれば数字が高いものを選び

そこまでうるさくない場所であれば

数字が低いものでも音を遮断する効果が見込めるといわれていますので

耳栓を選ぶ際には、遮音性を示すこれらの表記を参考にして頂けると

自身が読書を行う場所に適した耳栓を選ぶのに役立つと思いますので

参考にしてみて頂ければと思います。

必ず試してみる

初めの方でもお伝えしましたが

ちゃんと自分の耳の形に合うかどうか実際に試してみて

遮音性がしっかり機能しているかどうかもテストしてみて欲しいのです。

この一手間を加える事で、耳栓の効果を最大限に活用する事ができるためです。

これからご紹介する耳栓の種類には

バラエティパックのお試し商品があり

様々な大きさや柔らかさ、遮音性が異なる耳栓をお試し版として販売しているので

活用してみてもらえたらと思います。

自分に合うサイズや遮音性の効果を確実に実感できる数字表記のものが決まれば

後はその基準のものを選ぶだけで、効果の薄い耳栓も誤って購入しなくて済むので

必ず試して較べてみる工夫を取り入れてみて貰えたらと思います。

初めて耳栓を試す場合

こちらでご紹介するのは

初めて耳栓を試してみようとお考えの方に、お勧めするメーカーについてお伝えしたいと思います。

Howard Leight(ハワードレイト)

Moldex(モルデックス)

というそれぞれのメーカーの耳栓がありますが

両方のメーカーはアメリカのブランドで

世界中の工場や現場でも使用されている耳栓です。

実際に私も両方とも使用してみて

しっかりと遮音されている効果を実感しますが

やはり、自分の耳穴のサイズに合わないものだと遮音効果が得られないと体感します。

二つのメーカーを比べてみて私なりに感じたのは

耳穴が小さい方はハワードレイトが合い

耳穴が大きい方はモルデックスが合うのではと感じました。

私からみてハワードレイトの方がサイズが小さめに作られていると感じます。

しかし、これはあくまでも私個人が感じたものなので

ご自身の耳に合うかどうか実際に両方のメーカーを試してみる事を強くお勧めします。

まとめ

これまでお伝えしてきた内容が読書に集中するために役立ち

ご自身に合った耳栓を見つけるためにも参考になればと思います。

是非とも耳栓を活用してみて、読書に集中できる環境を整えられたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告