スマホ読書の疲れを解消する。お勧めのブルーライトカットメガネとは?

「スマホで読書をすると、どうしても目が疲れてしまう」

そんな悩みを解消するために

お勧めのブルーライトカットメガネをお伝えしてみようと思います。

眼を酷使し疲労を積み重ねてしまう症状を軽減するのに、参考にして頂ければと思います。

ブルーライトカットメガネを選ぶならコレ

沢山の種類があるその中でも、私がお勧めするブルーライトカットメガネは

エレコムさんのブルーライトカットメガネです。

なぜこのメガネがお勧めなのか?

その理由をお伝えしてみると

ブルーライトを取り除く、カット率が高いからです。

またお値段も手頃で2,000円程で手に入れられるからというのも理由の一つです。

他のブルーライトカットのメガネでは

カット率が50%台のメガネが多いのに対し、こちらでお伝えしているメガネは70%台です。

私もこちらのメガネを使用しているのですが

他のメガネと比較してみると、眼に対する疲労の軽減度合いが全く違うので

以前使用していた50%台のメガネは殆ど出番がなくなり

こちらでお伝えしているメガネしか使っていません。

他にも私の場合、よく物を落としてしまう機会が多いのですが

このメガネは軽量なためか、落としても壊れ難いなと感じています。

こちらのエレコムというメーカーについて、少しばかり私の感想をお伝えしてみると

デジタル機器や周辺機器に関する製品を取り扱っている会社という事で

ちゃんと効果のある製品を出してくれているなという印象を持っています。

少し補足としてお伝えすると

私はエレコムさんの回し者ではなく、個人として感じた感想ですので宜しくお願いします。

どうしてブルーライトカットメガネを使うようになったのか?

次にお伝えしたい内容は

どうして私がブルーライトカットメガネを使うようになったのか?という点についてです。

興味のある方は、読み進めてもらえると嬉しいです。

では、その疑問に対する理由をお伝えしてみると

スマートフォンに内蔵されている機能では

眼の疲労を軽減するのには役不足だったからです。

ブルーライトカットメガネを購入する以前の私は

スマートフォンに内蔵されている

ブルーライトを軽減するフィルター機能を活用していたのですが

iPhone を例にすると、Night Shiftモードやダークモードの機能ですね。

これらの機能では私の場合、少ししか疲労は軽減されなかったのです。

そして、視力矯正のレーシック手術をして

両目の視力が1.5に回復している私からすると

眼に対する負担を少しでも減らしたいし

視力をまた低下させたくもないと次第に考えるようになり

ブルーライトカットのメガネを使用するに至ったのです。

劇的に眼の負担が軽減される事で気づける点について

ちゃんとしたブルーライトカットメガネを使用してみて

気付かされた点についてお伝えしてみようと思います。

ブルーライトカットメガネを試してみようかどうかと

悩まれている方の参考になればと思います。

それでは、気づかされた点についてお伝えしてみると

自身が思っていたよりも、眼の疲労が及ぼす影響は深刻だったという点です。

ブルーライトカットメガネを活用するようになってから

身体の不調が無くなり

以前の体調がどれだけ悪いコンディションであったかと感じとる事が出来たのです。

睡眠をとっても疲れが残っているという感覚が薄れ

頭がぼーっとする機会も減ったなと感じ取れています。

身体のだるさが無く、目覚めがスッキリとした朝を迎えた時なんか

特に強く感じます。

他にも、眼の周りがスッキリし

以前は眼の周りの筋肉が張っていたのだと気付いたりもしました。

慢性的に目を酷使していたために

このような不調に気づくことすら出来なかったんだと自覚するようになったのです。

このような身体の体調の変化を私は実感してきたので

スマホで読書をしている方には

ブルーライトカットのメガネを試し、私と同じような体験を味わい実感して頂きたいと思います。

まとめ

スマホ読書の疲れを解消するために

こちらでご紹介している内容が参考になればと思います。

ブルーライトをカットし、眼の疲労を取り除く効果に貢献できれば嬉しく思います。

関連記事

こちらでお伝えしている記事は

集中して読書をしたい方

読書で目が疲れやすいと感じておられる方

そういった悩みに効果が期待できる内容となっています。

読書で目が疲れる。そんな悩みを解消するには?

読書をする場所でファーストフード店やファミレスを避けた方がいい理由とは?

本の読み方のコツとは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告