資格を取得することも良いけれど、いつでもどこでも使える一生もののスキルを身につけたほうがもっと良い

仕事に必要な資格、就職するために必須の資格

何かを扱ったり管理するための資格など、様々な資格があると思います。

しかしそのような資格があっても、職種や環境が変わったり、科学技術が向上したり

社会のルールが変更された時には、まったく使い物にならなくなるケースがあります。

そのためこの記事では、現代の急速に移り変わる社会の中で

どんな状況に置かれても通用するだろうと思うスキルを書き記しています。

「その時」といった、ほんの短い期間しか通用しない

教えらてきた価値観や、こうじゃないといけないといった社会的な考え方というのは

切り取られたその社会や時代の中だけでしか通用しない

限定的であって一時的な決まり事でしかない事は、もうバレてしまっています。

インターネットで世界中が繋がり書籍もたくさん残されていて

広く情報を共有できるようになっている現代では

そんな事は分かりきっている事だと思いますがあえて書いてみました。

価値観やルールの移り変わりのサイクルが速すぎる社会

先ほども書いたように、インターネットの発達や書籍が書き残されている事で

誰でも情報を広く共有できる時代であって、そして幸か不幸かそんな時代に私もあなたも生きています。

ライフスタイルやそれぞれの人の個性や価値観も、他の人と同じように同一化する必要性が薄まり

それぞれの生き方を好きなように選択できる社会に向かっています。

それは人の手によって生み出された技術の進歩が飛躍的に伸びる事で

仮説を立てて検証し、内省して、再び実践するというサイクルが驚くような速さで回り

そしてより柔軟で多様な枠組みを作ろうとしている社会に変化していると考えられます。

やってみてダメだった物事、弊害があった習慣や風習、規則といった

その土地や国、グループやコミュニティーを形成している場所などに古くから根付き固定されていた考え方なんかも

姿や形を変えてバージョンアップされているのを目にしたり、耳にしたりする事が頻繁に起こっています。

いつでもどこでも通用する、人が存在する限り活用できるスキル

人にとって柔軟で融通が利く、まるで生き物のように変化のある社会に移り変わり

現代は明確な基準やルールといった規則が固定されることなく、常に刷新されつつある社会となっています。

白が黒になるオセロのゲームのように、ひっくり返ってしまう価値観や

今までの常識が間違っていた事が判明し、今まで信じていたものが非常識だったと塗り替えられてしまう事もあります。

いつでもどこでも使えるスキルを身につけることが大切になってくる

そのためそんな変化の目まぐるしい社会の中にいる私たちが

時代の変化の流れに左右されない必須と言えるスキルを身につけなくてはいけないと思うのです。

そのスキルとは

絶対的な基準や価値観を固定してしまう、使い古した思考のパターンを手放して

新たに柔軟な思考力を育み、フットワークの軽い行動力を携え

落ち着きを持って冷静に判断を下せる、判断力などのスキルが必要と考えられます。

どんな社会に変化しても、いついかなるときでも

柔軟に対応したり適応できる状態の自分を整えておく必要があります。

このようなスキルは、社会の変化や科学技術の向上による影響を受けにくいもので

自分自身が柔軟に対処できるスキルを身につけておけばすぐに適応でき、困った事になることを避けられます。

大切なのは目に見えにくい特徴のスキルを身につけること

いつでも使えるスキルを身につけるには

理解力や応用力といった、物質的に目からの視覚では捉えにくいスキルも求められます。

それは、学歴や資格、キャリア、肩書きや企業の看板といった

自分の強みと信じていたものが通用しなくなるケースも想定しておかなければいけないという面が含まれています。

転んだ時に立ち上がり、またチャレンジするための精神的な体力作りや

新たな一歩を踏み出しやすくするためにも欠かせないスキルです。

このスキルを磨いておけば、一からやり直す事に対する気持ちの負担を軽減する事にも繋がりますし

また、いつ何が自分に起こったとしても平然としていられて

心を落ち着かせられるスキルを自然と身につける事にも結びつきます。

コミュニケーションスキル

他にも忘れてはいけないのが、他者とコミュニケーションが取れるスキルです。

自分一人の力ではどうしようもない事があり、自分以外の人に助けを求める場面が必ずあると考えられ

他の人の手をお借りする上でも必ず必要なスキルとなります。

人の気持ちは目で見えない繊細な部分であって、誰もが弱点となる弱い気持ちの面を持っています。

平気で無神経な言葉を発して相手を傷つけたり
反対に言われたりして傷つくという面もあります。

誰でも一緒に居て気持ちよく、お互いに不快に感じる事がなく
励ましあえる人と接していきたいと思うものです。

そのような心を誰もが皆持っていて

なおかつ自分の気持ちを相手が丁寧に扱ってくれる人に好印象を持つものです。

そのため

心というものを持っている人の社会で自分を活かすためにも

コミュニケーションスキルは重要視する対象に含まれ、一生使えるスキルでもあります。

コミュニケーションスキルを身につけるためには

相手の気持ちを汲みとれる機微(きび)を養ったり

言葉の語彙を増やして、適切な言葉を選んで相手にわかりやすく伝えられること

そして時には相手の気持ちを丁寧に扱い、誠実に接してあげられる態度の示し方といった要素が必要だと思います。

これらの要素を揃えるには

実体験による経験の質や数を積み重ねていくことで、新しい挑戦をして学びを経ていくことや

読書を行い、多様な著者と対話する形として読んでみること

完璧を求めず、実践と検証のサイクルを回し続けてみる取り組みなどを行う事が大切だと思います。

コミュニケーションスキルは常に磨き続けていくもの

しかしここで注意してほしいのは、損得勘定だけでこのスキルを得ようとする事は困難だということです。

相手の気持ちを無視して、自分の思い通りに相手を動かそうとすることはコミュニケーションとは言えず、それはただの強制的な命令となってしまいます。

誠実さや優しさといったしなやかな心を育むことや
時には厳しい言葉を持って、相手に伝えなくてはいけない勇気も必要になってきます。

相手の願いに全てをYESで返す事は、相手を堕落させることにもなりますし

ただ自分が相手に利用されているだけという事にもなってしまいます。

最初の方で述べた、理解力や判断力、適応力や応用力といった目に見えないスキルと掛け合わせて

臨機応変に対応していく事が、コミュニケーションスキルを伸ばし続けるには大切です。

コミュニケーションのスキルは磨き続けていくもので

習得するには終わりがなく、常に研ぎ澄ませていける特徴があり

いくらでも向上させていく可能性が溢れています。

コミュニケーションスキルは自分と相手の意見を交換し

互いの意見を活かして新たな道を模索できる、とても大切でかけがえのないスキルでもあり

人が存在する限りずっと通用するスキルです。

まとめ

時代の変化による社会の様々なルール変更があっても

これらの目に見えにくいスキルを伸ばしておけば

いつでも自分の身を助ける事が出来るので、是非このスキルを伸ばしてみることをお勧めします。

また、自分以外の他者にも広く活かせるスキルとなるので

社会もより良いものとして再形成され、全ての人に嬉しい効果を生み出してくれると思います。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告